• ホーム
  • 映画
  • 『8年越しの花嫁』佐藤健の新場面写真解禁 “自撮り”に込められた思いとは

『8年越しの花嫁』佐藤健の新場面写真解禁 “自撮り”に込められた思いとは

 俳優の佐藤健土屋太鳳がW主演する映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(16日公開)より、佐藤演じる尚志が自撮りする姿を写した場面写真が8日、ORICON NEWSに到着した。

 同作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに数々のメディアで取り上げられた、あるカップルに起きた実話を映画化。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志を佐藤、病と闘う麻衣を土屋が演じている。

 公開された場面写真は、尚志が携帯を自分に向けて撮影をしているシーンの2点。優しい表情で携帯カメラに向かって笑いかけ、それぞれ別のシチュエーションで登場する“自撮り”は、作品において重要なカギを握る。果たして、尚志が撮影しているこの動画はいったいどんな内容なのか。その行動に込められた思いは、劇場で明らかになる。

 そのほか、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治、杉本哲太、薬師丸ひろ子らが出演。監督は、『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)などの瀬々敬久氏が務めた。



関連写真

  • 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』より、佐藤健の新場面写真が解禁 (C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
  • 自撮りに込められた思いとは?(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

オリコントピックス