• ホーム
  • 映画
  • 太賀、主演映画なのに…現場でイジられ役 共演者から「いいおもちゃ」

太賀、主演映画なのに…現場でイジられ役 共演者から「いいおもちゃ」

 俳優の太賀が28日、都内で行われた映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』の初日舞台あいさつに出席。主演として封切りを喜んだ太賀だが、共演した矢本悠馬佐津川愛美からは撮影現場でイジられ役だったと暴露されていた。

【写真】その他の写真を見る


 撮影秘話に話が及ぶと、矢本が「砂浜でナース服になった太賀を皆で花火を持ちながら追いかけるシーンがある。撮影現場であんなに笑ったことがない」と回顧。ギリギリまで花火を近づけられたという太賀は「すごい速度で追いかけ回してきて、その時のニヤニヤ顔が忘れられない…」と恨み節だった。

 さらに佐津川も女性スタッフと結託し、太賀にドッキリを敢行したという。終始イジられ倒された太賀が「どいつもこいつも…」と苦笑いすると、矢本は「いいおもちゃです」と、笑い飛ばしていた。

 同作は、早見和真氏の同名小説を新進気鋭の映画監督・廣原暁監督が映画化。将来に希望を見出だせないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たちの行くあてもない“高校最後の旅”を描いた青春ロードムービーとなっている。

 舞台あいさつにはそのほか、中村蒼、廣原監督、原作者の早見氏が出席。作風になぞらえて「高校時代に戻りたい」と願望を告白した中村は「部活で弓道をしたり、飲食業のバイトとかしてバイト仲間が欲しかった」と、想像を膨らませていた。



関連写真

  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』初日舞台あいさつに出席した太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』初日舞台あいさつに出席した(左から)早見和真氏、矢本悠馬、太賀、中村蒼、佐津川愛美、廣原暁監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』初日舞台あいさつに出席した(左から)早見和真氏、矢本悠馬、太賀、中村蒼、佐津川愛美 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』初日舞台あいさつに出席した(左から)矢本悠馬、太賀、中村蒼 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス