アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高杉真宙、“優しさ200% ドロドロ10%”新昼ドラで連続ドラマ初主演

高杉真宙、“優しさ200% ドロドロ10%”新昼ドラで連続ドラマ初主演

 『ゴーストイター』(フジテレビ系)『35歳の高校生』(日本テレビ系)などドラマ出演が続く若手俳優・高杉真宙が、6月1日よりスタートする昼ドラ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演することが9日、わかった。人気コミック『銀のスプーン』(講談社)を実写化する同作で、容姿端麗で成績優秀だが隠された秘密のあるイケメン王子を演じる高杉は「主演としての責任を果たせるか不安ですが、精一杯演じたいと思います」と意気込んでいる。

 “優しさ200% ドロドロ10%”という同新昼ドラは、富士山が見える神奈川のとある街を舞台に、母親がガンで入院することになった一家の長男・早川律(高杉)を主人公に、家族との愛と絆を、長男に隠された真実とともに描いていく。

 映画、ドラマ、舞台、CMと幅広く活躍し、前期の連ドラ『ゴーストライター』での好演などから今まさに人気急上昇中の高杉。今作で連続ドラマ初主演、昼ドラ初出演となり、「僕にとって初めての事で本当に楽しみですが、一方で緊張と不安もあります」とコメント。今回は“10%”という触れ込みだが、ドロドロの人間模様が描かれることでもおなじみの昼ドラでの演技に注目が集まりそうだ。



関連写真

  • 『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』で隠された秘密のあるイケメン王子を演じる高杉真宙
  • 高杉真宙が演じるイケメン王子・早川律(C)小沢真理/講談社

オリコントピックス