アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 亀梨和也、新ジャンル“夜メロ”開拓 相手役は深田恭子

亀梨和也、新ジャンル“夜メロ”開拓 相手役は深田恭子

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也(28)が1月期のテレビ朝日系ドラマ『セカンド・ラブ』(毎週金曜 後11:15)に主演し、同局のドラマに初主演することが24日、わかった。同作は『セカンドバージン』(NHK)の脚本家・大石静氏による、昼のメロドラマならぬ“夜メロ”をうたうオリジナル作品。亀梨演じる主人公のダンサーが、年上の高校教師とスキャンダラスな恋に溺れていく“激愛”ストーリーで、相手役は女優・深田恭子(32)が演じる。

 主人公・平慶(亀梨)は、夢を諦めきれないコンテンポラリーダンサー。閉塞感に身を沈めて生きる高校教師・西原結唯(深田)と激しい恋に落ち、年齢差やかけ離れた生活環境、価値観の相違、周囲を巻き込む修羅場といったいくつものハードルを共に乗り越えながら、愛だけに走っていく。“捨て身”で挑んだその先に待っていたのは、“男と女のさらなる真実”。恋愛することと、日々を生きていくことは違う。そのことを自覚したとき、激しい恋の道を疾走してきた男女の目は何を捉え、何を選択するのか…。

 挫折を味わいながらも夢を追い続け、年上女性との一途な恋愛に突き進む青年役に挑む亀梨は「自分の写真を見て、色気を感じたことがない」「僕で大丈夫ですか?」と、最初は弱腰だったが、「今は恥ずかしがらず、大人の男女の激しい恋模様、人の秘密を覗き見するような感覚に陥る“夜メロ”の“ちょっと大人な世界観”に身を委ね、全力で演じていきたい」と覚悟は決まった。

 大石作品に挑むのも今回が初。「僕自身も恋をしたら一直線タイプですが、慶は僕以上にスゴイと思います。草食系男子が多いと言われている今、慶のような肉食系男子を新鮮に感じて、ドキドキしてくれたらうれしい」と話した。

 劇中では鍛えられた肉体を駆使した華麗なダンスシーンも見どころとなりそう。亀梨は「この作品にいろんな要素を引き出してもらいながら、『夜メロの亀梨』と呼ばれるような(笑)、新たな雰囲気をまとっていきたい」と意気込んだ。

 一方、ヒロインの深田は、同僚教師との不倫関係を続けながらも、どこかずっと寂しかった心と体に迷いなく飛び込んできた若い男の情熱に飲み込まれていく30代の独身女性・結唯を、繊細かつ大人の魅力たっぷりに立体化。「繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り混じっていますが、精一杯演じていきたい」と、“大人の女優としての新境地”を切り拓く。



オリコントピックス