• ホーム
  • 映画
  • デニス、暴風に顔を歪ませ映画評論に挑戦

デニス、暴風に顔を歪ませ映画評論に挑戦

 お笑いコンビ・デニスが、米映画『イントゥ・ザ・ストーム』(8月22日公開)の“暴風体感型レビュー”に挑戦した特別映像が8日、公開された。巨大竜巻がいくつも発生する超・異常気象を描いた同映画の日本語吹き替え版で、声の出演をしているデニスは、秒速約33メートルの“暴風”の中でセリフを言う「暴風体感アフレコ」続き、暴風に吹かれながらレビュー収録を行った。

 デニスは、YouTubeにおバカ動画をアップし、有名になることを目論むリービス(植野行雄)とドンク(松下宣夫)の吹き替えを担当。初めての映画評論の仕事と聞いて、植野はシャツに蝶ネクタイ、松下はジャケットを着こみ、おしゃれな格好で撮影スタジオにやってきた二人だったが、巨大扇風機が置いてあることに気づいた植野は「ふざけるんじゃないよ!」と声を張り上げた。

【写真】その他の写真を見る


 かと言って逃れられるはずもなく、収録が始まると、巨大扇風機も猛烈な勢いで回り始め、風速マックスの風を受けた二人は、満足に出すことができない。目も開けられず、口の中の水分もほとんど持っていかれてしまった彼らが必死で絞り出したレビューは、「…いい映画です…」(植野)のひと言だけ。収録後、植野は「大人が本気で悪ふざけをするとこうなるんですね…」とポツリと漏らしていた。

 同映画で描かれる家や車を吹き飛ばし、ジャンボジェット機すらも巻き上げる秒速135メートルの巨大竜巻の恐怖は、“暴風”にさらされた植野と松下の歪んだ顔が言葉よりも雄弁に語っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 米映画『イントゥ・ザ・ストーム』(8月22日公開)の“暴風体感型レビュー”に挑戦したお笑いコンビ・デニス
  • 目を覆いたくなるような、暴風のすさまじさ
  • 米映画『イントゥ・ザ・ストーム』(8月22日公開)の“暴風体感型レビュー”に挑戦したお笑いコンビ・デニス

オリコントピックス