• ホーム
  • 映画
  • 『マレフィセント』アンジー母娘の共演シーンをネット公開

『マレフィセント』アンジー母娘の共演シーンをネット公開

 今月5日より公開され、15日間で動員200万人、16日間で興行収入30億円の大台を突破したアンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画『マレフィセント』(公開中)。大ヒットを記念して、同作のセールスポイントの一つでもあったアンジーと実子ヴィヴィアン・ジョリー・ピット(5)の母娘共演シーンの本編特別映像がWEBで公開された。

【動画】アンジー、女優引退説を完全否定「そのつもりはありません」 (14年06月24日)


 本編から抜き出された映像は、アンジー演じるマレフィセントが、幼いオーロラを演じるヴィヴィアンを隠れながら見守っているシーン。マレフィセントは木に寝そべりながら3人の妖精たちとピクニックを楽しむ幼いオーロラを見守っていた。イタズラ好きなマレフィセントの魔法で3人の妖精が喧嘩を始めると、その隙に、幼いオーロラは蝶を追って走り出す。その先が崖になっているとも知らずに…。そんなオーロラのピンチを、マレフィセントが魔法で助けるのだ。

 さらに、森で傷ついた木を魔法で治しているマレフィセントの元に、幼いオーロラが背後から駆け寄るシーンが続く。「こんにちは」の声に驚いた表情で振り向くマレフィセントは「あっち行って、悪いけど子供は嫌いなの」と追い払おうとするが、「抱っこ、抱っこ!」とねだるオーロラをつい抱き上げてしまう。演技ではない母親そのもののアンジーの表情が見られる話題のシーンを大公開している。

 公開された映像は日本語版なので、3人の妖精の声を一人で演じ分けている福田彩乃の荒業も少しだけ鑑賞できる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス