アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ハライチ澤部、『ドクターX』最終話に出演 米倉涼子約束守る

ハライチ澤部、『ドクターX』最終話に出演 米倉涼子約束守る

 お笑いコンビ・ハライチ澤部佑が、19日放送のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』(毎週木曜 後9:00)の最終話(第9話)にゲスト出演する。同ドラマ定番の銭湯で、主演の米倉涼子や岸部一徳と絡むシーンに登場。澤部は「今までチョロチョロ、ドラマには出させていただいていますが、こんなに震えることはなかった。岸部一徳さんとやり合わせてもらえるなんてビックリです。なんか、すいません」と恐縮しきりだった。

 もとはといえば、10月14日に同局系で放送された『お試しかっ!米倉涼子率いる『ドクターX』軍団フル参戦で「私、失敗しないので」SP』の名物企画「帰れま10(てん)」で、澤部が「(自分の予想が)当たったらドラマに出させてください!」と米倉に直訴したのが始まり。澤部がズバリ4位を当てたため、米倉が約束を守って、同ドラマの内山聖子ゼネラルプロデューサーを紹介。「何の役でも、死んでてもいいんで(笑)、出させていただけないかと…」という澤部の申し出を、内山GPも快諾していた。

 澤部の役どころは、米倉演じる大門未知子と名医紹介所・所長で未知子の師でもある神原晶(岸部)が通う銭湯の客。撮影では、岸部を相手に、予定にはなかったセリフ付きのアドリブ演技を急きょ求められ、緊張感を漂わせながら数テイクでOKが出た。

 「やる度にどんどんおもしろくなっていくんですね」と米倉に褒められ、澤部は「僕、そういうタイプなんで(笑)。そこを感じ取っていただけて良かったです」と自分の持ち味をしっかりアピール。

 米倉は「まさか本当にいらっしゃるとは(笑)。でも、視聴者のみなさんが喜びます。ありがとうございました。とはいっても、今回はお芝居のやり取りがなかったので、機会があればまた共演できるといいですね!」と話していた。



オリコントピックス