ドラマ&映画 カテゴリ

沢村一樹が浅見光彦を卒業! 9月放送『箸墓幻想』が集大成

 7月10日に誕生日を迎え45歳となった俳優・沢村一樹が、TBSで12年間演じてきた内田康夫原作の『浅見光彦シリーズ』の浅見光彦役を、9月3日放送の『箸墓幻想』(後9:00)をもって卒業することが18日、わかった。“永遠の33歳”という設定の光彦役を演じてきた沢村は「視聴者の皆さんから、光彦役にはちょっと無理があるのでは?と疑問をもたれる年齢となる前に、余力残して終えたかった」と卒業する心境を語っている。

【写真】その他の写真を見る


 TBS版『浅見光彦シリーズ』は、1994年の第1作から第13作まで、主人公の光彦を俳優・辰巳琢郎が演じ、2000年の第14作『後鳥羽伝説殺人事件』から沢村にバトンタッチ。以来、12年間、TBS版の光彦として、シリーズ18作のほか、連続ドラマにも出演した。

 沢村は「役者を始めて1つの転機となった作品。プロデューサーからは年齢は気にしないで下さいとおっしゃっていただいていましたが、12年でちょうどひと回り」で、区切りをつけることに。「集大成となる作品をご覧いただく」との想いを込めて、シリーズ31作目の『箸墓幻想』の撮影に臨んだという。

 今作は、母・雪江役の佐久間良子、兄・陽一郎役の風間杜夫らお馴染みのレギュラーメンバーに加え、ゲストに草笛光子松原智恵子北村総一朗、そして沢村とは旧知の仲だという恵俊彰らが出演。歴史ロマンあふれる奈良を舞台に、沢村・光彦が最後の活躍をする。

 邪馬台国の研究に生涯を費やした孤高の考古学者・小池拓郎(北村)が何者かに殺害された。光彦(沢村)は、小池が寄宿していた当麻寺の住職(左とん平)の娘で、研究所の事務員・有里(清水由紀)とともに事件を追う。その直後、小池が発掘していた古墳から邪馬台国の手がかりと思われる銅鏡が小池の後輩・丸岡(佐戸井けん太)の手で発見され、考古学界は騒然となる。ところが、新たな殺人事件が起きてしまい…。光彦は小池の過去に謎解明のヒントが隠されているとにらみ、その謎に迫る。光彦の母・雪江(佐久間)が、亡き夫にも隠していた淡い恋の思い出が事件解明のヒントに繋がっていく。

関連写真

  • 沢村一樹が“永遠の33歳”TBS版浅見光彦を卒業! 9月3日放送の『浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想』で笑顔のクランクアップ(C)TBS
  • まだまだイケるのに、「余力残して終えたかった」と勇退を決めた沢村一樹 9月3日放送の『浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想』の場面写真より(C)TBS
  • 沢村一樹の“浅見光彦”デビュー作、2000年9月放送の『浅見光彦シリーズ14 後鳥羽伝説殺人事件』のワンカット。当時、雪江役の加藤治子と(C)TBS
  • 9月3日放送の『浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想』の場面写真より  母・雪江(佐久間良子)(C)TBS
  • 9月3日放送の『浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想』の場面写真より  母・雪江(佐久間良子)(C)TBS
  • 9月3日放送の『浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想』の場面写真より  母・雪江(佐久間良子)(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索