ドラマ&映画 カテゴリ

向井理主演『サマーレスキュー・天空の診療所』初回視聴率14.7%

 俳優・向井理主演のTBS系新ドラマ『日曜劇場・サマーレスキュー・天空の診療所』(毎週日曜 後9:00)の初回が8日に放送され、世帯平均視聴率が14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは標高2500m超の厳しい環境に実在する小さな診療所をモデルに、診療所とそれに隣接する山荘を舞台に繰り広げるひと夏の群像劇。向井演じる主人公・速水圭吾は、東京の大学病院で将来を嘱望されているクールな心臓外科医だが、上司の命令で夏の間、とある山の診療所に派遣され、カルチャーショックと挫折を経験しながら成長していく姿を描く。

 共演は、ある事件をきっかけに、父親が経営する山小屋に帰ってくる元看護師・小山遙役の尾野真千子、山の診療所の責任者・倉木泰典役の時任三郎、ベテラン看護師・平原あかり役の小池栄子、あかりの娘・桃花役の本田望結、遙の父親で、山小屋を経営する小山雄一郎役の笹野高史ら。

 第2話は、行方不明になる登山客・朋子の役に内山理名がゲスト出演。速水の軽率な判断で、朋子の病状が悪化し行方不明になってしまう。責任を感じた速水は、遥と一緒に朋子を探すのだが…。

 実際に長野県内の標高2000m弱の地点にセットを組んでロケ撮影も行っており、美しい山岳映像も今後の見どころの一つとなりそうだ。

関連写真

  • 『サマーレスキュー・天空の診療所』第2話のワンシーン (C)TBS
  • 『サマーレスキュー』第2話より 山に着くなり壮絶な一日を過ごした速水(向井理)は、やはり山岳の診療所の存在意義に疑問を持っていた
  • 『サマーレスキュー』第2話より ツアー客の朋子(内山理名・左)は体調の変化に気がつき、速水(向井理・右)の診察を受ける。速水は朋子の喉に腫れを認めるのだが、風邪薬を出すのみの安易な診察をしてしまい…(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索