• ホーム
  • 映画
  • 【ロカルノ映画祭】青山真治監督『東京公園』が審査員特別賞

【ロカルノ映画祭】青山真治監督『東京公園』が審査員特別賞

 スイス南部のロカルノで開催された『第64回ロカルノ国際映画祭』で現地時間13日(日本時間14日)、青山真治監督(47)の『東京公園』が、今回特別に設けられた最優秀賞“金豹(ひょう)賞”に匹敵する「金豹賞審査員特別賞」を受賞した。青山監督は「これまでのキャリアから一歩踏み出すような作品を出品し、温かく迎えていただきました。今回、これまでの キャリアを含めた形で賞をいただけるとは夢にも思わぬ栄誉です。そして、この受賞が日本再生への一助となることができれば、大変嬉しく思います」と喜びのコメントを寄せた。

 1946年から毎年、スイスで開催されている同映画祭は、ベネチア国際映画祭に次ぐ長い歴史を誇り、カンヌ、ベルリンと並んで世界4大映画祭とも称される世界有数の映画祭。メインのインターナショナル・コンペティション部門では、定評のある監督が制作した作品や若手監督の登竜門としても知られ、今年も20本が選出された。日本からは青山監督の『東京公園』と注目の若手・富田克也監督の自主映画『サウダーヂ』がノミネートされた。

 青山監督作品が、同映画祭へ参加するのは4回目だが、今回初めてインターナショナル・コンペティション部門に選出。9日(現地時間)に行われた同作の公式上映では、満場の拍手とともに、観客からも「人と人の深い心の繋がりを感じる素晴らしい作品」など絶賛を浴びていたが、その賞賛の声の後押しもあり、今回の受賞につながった。

 審査委員長のパウロ・ブランコ氏は「作品の素晴らしさと、青山監督のこれまでの功績を讃えたいとの強い思いから、最高賞である金豹賞と並ぶ賞を今回特別に作りました」と授賞理由をコメントしている。

 青山監督は1996年に長編映画デビュー。2000年のカンヌ国際映画祭では『EUREKA(ユリイカ)』で国際批評家連盟賞、エキュメニック賞を受賞するなど国際的評価を得ている。最新作の『東京公園』は、カメラマンを目指して東京の公園で家族写真を撮っている大学生が、ある撮影依頼をきっかけに、自分の周囲の人間関係を見つめ直していく過程を描く。三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥らが出演。現在、宮城県・フォーラム仙台ほかにて上映中で、今後、青森、岩手、秋田、山形、福島など東北地方をはじめとした各地での上映が決定している。



オリコントピックス