ドラマ&映画 カテゴリ

主人公マリコの魅力に中毒者が続出?『科捜研の女』定番と新しさ融合した飽きさせない工夫

昨年20周年を迎え、Twitterキャンペーンを実施した『科捜研の女』(キャンペーンは終了)(C)テレビ朝日

木曜ミステリー『科捜研の女』(テレビ朝日)と言えば、言わずと知れた人気長寿ドラマシリーズ。20周年を迎えた昨年4月からは1年間にわたる通年放送がされており、今年1月からその締めくくりとなる「冬シーズン」が始まっている。シリーズ19作目を重ねて安定の視聴率をキープしている同作だが、ここ最近Twitterユーザーを賑わせているのがそのエッジの効いた脚本。主演の沢口靖子が演じるマリコの、時として「どうかしている」動向がトレンド入りする事態になっているのだ。

沢口靖子が被り物で「おかかマリコ」に変身 Twitterで歓喜するファン

 1月23日放送の「科捜研の女」第27話のサブタイトルは「マリコの動画チャンネル」。YouTubeならぬ「PyuuTube」(ピューチューブ)をテーマにした内容で、容疑者のアリバイは"カメラを止めない"料理動画だった。

 そこで実際にアリバイが成立するかを検証するため、「私もやってみる」とPyuuTuberデビューを決めるマリコ。1時間の"カメラを止めない"料理に挑戦するが、科捜研ファンの間ではマリコの料理ド下手ぶりは有名なため、ヒヤヒヤする視聴者が続出。さらになんでもおかかを振りかけるという設定のPyuuTuberにカツオぶしの被り物をさせられ、"おかかマリコ"に変身するシーンでは「おかかマリコwww 大草原不可避」「おかかマリコにご飯吹いた」とTwitterユーザーも爆笑が止まらなかったようだ。

 一方、同話ではマリコが信頼を寄せる土門刑事(内藤剛志)が3話ぶりに復帰するというファンを歓喜させるエピソードも。こうした盛りだくさんの内容に加え、YouTubeや映画『カメラを止めるな』をイジりつつ、殺人事件の謎を解明していくという見事な演出と脚本は視聴者を大いに沸かせ、放送中またたく間にTwitterトレンド入りする注目を集めた。

 実はここ最近、話題が絶えない『科捜研の女』。その翌週の28話「筋肉は嘘をつかない/マリコVSダイエット達人!! 10キロ減量法が暴く殺人犯」も、なかやまきんに君がまさかの役どころを演じたコメディ色が強い回でTwitterを大いに沸かせた。

 ここ1年のシーズン19だけでも、バンクシーをパロった回で"マリコ画伯"の壊滅的な芸術センスが披露された第2話や、テレビ東京の人気番組を想起させる「マリコ、池の水を全て抜く!?」という予告からの「抜かないのかよ!」というオチの第9話、ぬか床をお散歩させてしまう謎のマリコワールドが全開となった第15話などなど、ツッコミどころ満載のエピソードは枚挙にいとまがない。想定を超える内容とマリコの動向に視聴者は目が離せないようだ。

 もちろん視聴率はどの放送回も安定の10%超えをキープしている。

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索