ドラマ&映画 カテゴリ

『ライオン・キング』北米で記録的スタート 映画界を席巻するディズニーの強さと課題

『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 8月9日公開となる『ライオン・キング』。米国では7月19日に一般公開され、ディズニー・アニメーションのリメイク版としては1位、今年公開作品のなかでは2位となるオープニング興収で、記録的なスタートを切った。7月末時点で、今年の北米興収トップ5を独占することとなったディズニーは、下半期にも話題作を続々と放つ。もはや無敵の存在とも思えるディズニーのハリウッドにおける立ち位置を見てみたい。

あらゆる北米オープニング記録を樹立

  • 『ライオン・キング』ポスター

    『ライオン・キング』ポスター

 北米における『ライオン・キング』の公開初週末の興収は1億9200万ドル。この数字は、さまざまなオープニング記録を塗り替えている。7月公開作品としては2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(1億6910万ドル)、ディズニー・アニメーションのリメイク版としては2017年の『美女と野獣』(1億7470万ドル)がそれぞれ保持していた最高記録を更新。

 今回のリメイク版『ライオン・キング』は、2017年の『美女と野獣』や公開中の『アラジン』を含む、一連のディズニー“実写”リメイク版とともに語られることが多いものの、実際には高技術CGIによるアニメーション映画。となると、同ジャンルにおいても、昨年のディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(1億8260万ドル)のオープニング記録を超えてトップに立ったことになる。さらに、ジョン・ファブロー監督作としても、2010年の『アイアンマン2』(1億2810万ドル)を超えるトップに躍り出る。

 ちなみに、1994年の長編アニメーション映画『ライオン・キング』は、いまだG指定映画(全年齢に適した映画)の北米興収トップに君臨し続けている(4億2270万ドル)。その25年ぶりのリメイク版である今回の『ライオン・キング』は、初めてお披露目されたトレーラーが、ディズニー映画史上最多の再生数となる記録も樹立していた。そんなこともあり、最終興収での新たな記録への期待も高まっている。

『ライオン・キング』評価は賛否両論

左から主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を歌うRIRI、ジョン・ファヴロー監督

左から主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を歌うRIRI、ジョン・ファヴロー監督

 北米におけるレビューは賛否両論だ。同作の魅力のひとつは、2016年に『ジャングル・ブック』をヒットさせたファブロー監督が率いる製作チームによる、圧倒的な技術と献身による写実的な動物描写。その技術に対する賞賛の一方で、キャラクターの表情が豊かで温かさの感じられたオリジナル版に比べ、動物たちの表情が冷淡に感じられるという声も目立つ。

 もちろん、実際の動物は表情をくるくる変えるものではないのだからと、同作のリアルさを讃える声もある。観客の年齢、オリジナル版への愛着度、アニメーション映画に何を求めるか(リアルさかファンタジーか)など、さまざまな指標によって評価が分かれるのだろう。米映画批評サイト「ロッテン・トマト」のスコアは53%と高くないが、最近は、批評家の評価と一般観客の支持がリンクしないことも多く、興収への大きな影響はなさそうだ。公開初日の観客評価による格付け指標「CinemaScore」はAと上々である。

 超豪華キャストの存在も興収につながっているだろう。とくに、シンバ役のドナルド・グローヴァーは、チャイルディッシュ・ガンビーノ名義でエッジーな音楽活動を行いながら、俳優としては『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などで存在感を発揮。映像作家としては、話題のテレビシリーズ『アトランタ』の原案・製作総指揮を務めるなど、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者。その相手のナラ役がビヨンセとくれば、「2人のデュエットを聴くためだけに、劇場に行く価値あり」というファンがいても無理はない。米『バラエティ』紙のレビューでは、悪役スカー役のキウェテル・イジョフォーも大絶賛されている。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年8月26日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年8月26日号

<COVER STORY>
ドン・ウォズ氏(ブルーノート・レコード 代表取締役社長)
音楽というものは、「ワーク(働く)」ではなく
「プレイ(楽しんで演奏)」するもの

<SPECIAL ISSUE>
ネット発の才能がシーンを席巻
夏の“歌い手”アーティスト大研究

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる