ドラマ&映画 カテゴリ

『きのう何食べた?』など受賞!第16回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

脚本賞:三浦直之氏

 「脚本賞」は、浅原ナオト氏の小説が原作の『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で、連続ドラマの全話脚本に初挑戦した三浦直之氏が受賞した。

 三浦氏は、10周年を迎えた主宰劇団・ロロを中心に、オリジナルの演劇作品の脚本・演出を手がける若手の注目株。活動の一環として、全国の高校演劇部のために著作権フリーの60分の演劇脚本「いつ高シリーズ」を提供するなど、“青春もの”の作品にも定評があり、自身がゲイであることをひた隠しに生きる高校生の主人公・安藤純と、“腐女子”の同級生・三浦紗枝が繰り広げる純粋でねじくれた青春群像劇を、映像作品として見事に成立させた。

「ゲイ」「腐女子」というパーソナリティーは、描き方によっては当事者を傷つけてしまう恐れもあるが、三浦氏は原作小説と真摯に向き合い、純や紗枝はもちろん、彼らの同級生や純の母親、年上の純のゲイの恋人など、登場キャラクターの心の機微を丁寧にセリフに投影。審査員からは、「LGBTというテーマを丁寧に描きつつ、若者のみずみずしさとリアリティを感じさせてくれた」(吉田潮氏/ライター)などと高く評価された。

 なお、審査会ではテレビ東京系『きのう何食べた?』の安達奈緒子氏との一騎打ちとなった。

三浦直之氏 受賞コメント

 僕自身、テレビドラマをよく観て育ったので、とても嬉しいです。ただ、受賞することができたのは、やはり浅原ナオトさんの原作小説の持つ力が大きいからだと思っています。本作は、ゲイの純くんと腐女子の三浦さんの高校生活を描く物語。純くんについては原作に忠実に。それ以外の登場人物については、オリジナルの要素を加えることで青春群像劇というイメージを強めていきました。普段は主宰する劇団・ロロを中心に、オリジナルの作品を手がけていますが、今回初めて連続ドラマの脚本を全話執筆させていただき、すごく勉強になりました。ありがとうございました。

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索