• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 【2019年 上半期本ランキング】樹木希林さん書籍が好調、新書初の上半期1位 生田絵梨花写真集は上半期歴代最高売上

【2019年 上半期本ランキング】樹木希林さん書籍が好調、新書初の上半期1位 生田絵梨花写真集は上半期歴代最高売上

『第12回オリコン上半期“本”ランキング 2019』を発表。BOOK総合部門では、昨年9月に亡くなった女優・樹木希林さんの『一切なりゆき 樹木希林のことば』が90.0万部を売り上げ、新書初の1位を獲得。本作以外にも樹木さん関連著作が複数ランクインした。また、シーンをにぎわせている写真集では、生田絵梨花が上半期歴代最高売上を記録したほか、坂道グループ関連作品がTOP10中7作ランクインとシーンをけん引した。
<<総合ランキング表>>
◆BOOK  1位〜25位26位〜50位 ◆作家別 1位〜10位
◆コミック 1位〜25位26位〜50位 ◆作品別 1位〜10位
◆文庫   1位〜25位26位〜50位 ◆作家別 1位〜10位
<<ジャンル別ランキング表>>
◆ライトノベル作品別 1位〜10位  ◆ビジネス書 1位〜10位
◆文芸(小説) 1位〜10位  ◆ライトノベル 1位〜10位
◆タレント本 1位〜10位  ◆写真集 1位〜10位
集計期間:2018/12/3付〜2019/5/27付(実質集計期間:2018/11/19〜2019/5/19)

【BOOK】上位に各ジャンルをけん引した作品が登場

 総合部門にあたる「BOOK」上半期1位は、期間内売上90.0万部で『一切なりゆき 樹木希林のことば』が獲得。期間内売上90万部超えは、2008年の集計開始以来5作目となり、新書としては本作が初。また期間内売上は、上半期期間の累積売上で歴代5位にランクインした。また、5位には、32.2万部で『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』がランクインするなど、樹木さん関連著作が上半期の書籍市場を席巻した。

 そのほか「BOOK」上位作品は、多彩なジャンルにわたっている。1位の『一切なりゆき〜』は「新書」、6位の『メモの魔力 -The Magic of Memo-』は「ビジネス書」、8位の『生田絵梨花写真集 インターミッション』は「写真集」、12位の『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』は「児童書」、「2019年本屋大賞」大賞受賞で17位の『そして、バトンは渡された』は「文芸書」でそれぞれ1位を獲得。

 これらの作品が総合ランキングである「BOOK」上位にランクインするということは、各タイトルがそれぞれのジャンルをけん引し、シーンを盛り上げたといえるだろう。昨今の書籍市場の好況をうかがい知ることができる。

【写真集】生田絵梨花写真集、上半期歴代最高売上を記録

 写真集では、乃木坂46・生田絵梨花の2nd写真集『インターミッション』が、2016年に1st写真集『転調』で1位を獲得したのに続き、期間内売上27.5万部で1位を獲得。2度の上半期1位は生田が初となる。また、期間内売上記録も、2017年に白石麻衣写真集『パスポート』が記録した20.1万部を上回り、上半期写真集ジャンルの歴代1位となった。

 生田を筆頭に、今期も坂道グループがランキングを席巻。欅坂46ファースト写真集『21人の未完成』が15.6万部で2位に入ったほか、渡邉理佐、北野日奈子、井上小百合、小林由依、高山一実といった両グループの人気メンバーのソロ写真集が上位を席巻。坂道グループ関連7作品がTOP10入りした。

【コミック】映像化も続く人気作が上位独占

 コミックでは、『ONE PIECE』91巻が期間内売上228.1万部で1位を獲得。続いて2位にも191.5万部で『ONE PIECE』92巻がランクインし、1、2位を独占した。「同シリーズ作品の上半期1位・2位独占」は、2009年〜2012年の4年連続、2015年〜2017年の3年連続で『ONE PIECE』が記録したのに続き、今回で通算8作目。歴代最多記録も自己更新した。

 そのほかTOP5には、『進撃の巨人』27巻と28巻が3、4位、『キングダム』53巻が5位にランクイン。どちらも同ランキング常連の人気作だが、前者は現在NHK総合にてアニメ『進撃の巨人 Season3』が放送中。『キングダム』は実写映画が4月19日より公開され、興収50億円に迫る大ヒットになっている。

『ONE PIECE』はアニメのほか、スーパー歌舞伎も人気を得ているほか、ハリウッド実写ドラマ化も決定している。それぞれ漫画シーンだけでなく、映像や舞台など広くエンタテインメントシーンをにぎわす圧倒的な力を持った人気コンテンツになっている。

【文庫】ライトノベル作品が初の1位

 文庫では、「ライトノベル(BOOK・文庫)」部門で2015年から5年連続、通算6度目の同部門1位を記録した『ソードアート・オンライン 21 ユナイタル・リング ?』が1位に。ライトノベル作品が「文庫ランキング」初の1位を獲得と、文庫読者市場の変化を感じるランキングとなった。

 また、2位『十二人の死にたい子どもたち』、3位『マスカレード・ホテル』、4位『七つの会議』、5位『人魚の眠る家』はすべて実写映画化作品。TOP5中4作を映像化原作が占める結果となった。

 文庫作家別では、東野圭吾が期間内売上112.9万部で1位を獲得。昨年に続き、2年連続、通算7期目の1位となり、同部門の「歴代最多1位獲得数」を自己更新した。今年1月に木村拓哉、長澤まさみ出演で公開された『マスカレード・ホテル』、主演・篠原涼子が「第42回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞を受賞した『人魚の眠る家』が、いずれも同上半期文庫ランキングで3位、5位と揃ってTOP5入りしたことが大きな要因となった。
<<総合ランキング表>>
◆BOOK  1位〜25位26位〜50位 ◆作家別 1位〜10位
◆コミック 1位〜25位26位〜50位 ◆作品別 1位〜10位
◆文庫   1位〜25位26位〜50位 ◆作家別 1位〜10位
<<ジャンル別ランキング表>>
◆ライトノベル作品別 1位〜10位  ◆ビジネス書 1位〜10位
◆文芸(小説) 1位〜10位  ◆ライトノベル 1位〜10位
◆タレント本 1位〜10位  ◆写真集 1位〜10位
集計期間:2018/12/3付〜2019/5/27付(実質集計期間:2018/11/19〜2019/5/19)
次へ

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索