ドラマ&映画 カテゴリ

【受賞プロデューサーインタビュー】『今日俺』が示したドラマの可能性 福田脚本・演出と期待に応えた役者たち

次の時代を担う若手役者が活躍できるドラマにしたかった

――キャスティングも好評でした。
高 明希もともと役者の人気頼みではなく、視聴者が作品としてこれを観たいというドラマを作る意向があり、次の時代を担う若手役者たちが活躍できるドラマにしたいと福田さんと話していました。『今日俺』はキャラクターがすごく個性的ですし、ギャグマンガとしても成立する世界観もぶっとんでいたので、それを成立させる役者には相当の技量が必要。福田さんの求める世界観を担える若手をどれだけ集められるかは、同時並行で考えなくてはいけないことでした。ただ、作品はキャスト先行ではなく進めたかったので、まずは福田さんと『今日俺』の世界観を共有しながら、キャラクターと役者を1人ずつマッチングしていきました。

――そこでドラマの要になる主人公・三橋役の白羽の矢が立ったのが賀来賢人さん。
高 明希賀来とは『らんま1/2』(2011年)でご一緒していて、彼はその時期に福田さんの舞台『スマートモテリーマン講座』に出演していた縁もあって、その後の福田さんとのドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(2017年)につながります。ずっと見てきて、若手であれだけ力量のある役者はなかなかいないと思っていたので、彼しか思い浮かびませんでした。賀来にはバランス感覚がしっかりあって、“卑怯”をマンガの三ちゃんがやるとおもしろいけど、リアルでやると難しい。本当に嫌なヤツに見えたら主役として愛されないから、そこのサジ加減にすごく悩んでいましたが、自分で研究して見事に三橋を体現してくれました。

――主演以外の方々もすばらしかったです。
高 明希伊藤健太郎は、眼力があって一度会うと印象に残るタイプ。いまふうっぽく見えつつ、無骨さとか古風な感じがあって、漢気をもともと備えている。伊藤という役にマッチングすると思いました。太賀は、原作の今井と体格が違うことを原作ファンにどう見られるか心配していましたが、福田さんはビジュアルのことはまったく心配していなかったです。私もそんな福田さんに背中を押され、役者の力が必要なドラマだから、ビジュアルではなく太賀に頼みたいと話しました。そこからやりきろうと思ってくれてあの今井になりました。笑いの中枢ですから本当に難しかったと思いますが、コンビ役の矢本悠馬とあうんの呼吸で魅せてくれました。鈴木伸之と磯村勇斗は、大きな役割を担いました。この2人は、ヒールなんだけどカッコいい敵にならないとドラマが成立しない。期待通りにシリアスな部分をしっかりと印象に残してくれて、うれしく思っています。とくに憎まれ役の極悪非道の相良を磯村に託した福田さんは、本ドラマ賞での磯村の新人賞受賞を本当によろこんでいました。
――80年代を体現していたヒロイン2人も印象的でした。
高 明希清野菜名と橋本環奈のヒロイン2人もすばらしかったです。清野はアクションをフィーチャーされますが、理子のあの髪型の当時のヒロインを嘘っぽくなく演じられる女優としての資質があります。ザ・80年代のヒロインを成立させる、女性らしさ、華やかさを兼ね備えている。橋本の京子は、原作と一番キャラクターを変えていて、オリジナルに近い。伊藤の前のかわいらしさとそうじゃないときのオラオラ感のギャップを絶妙にデフォルメしてキャラ立ててくれました。2人とも福田さんの意向を汲み、体現する能力に長けていました。『今日俺』は、原作として認知度も内容的な底力もすごいものがあります。ただ、今回のドラマが若い世代に刺さったのは、役者さんたちが原作にしばられずに、各々が葛藤して自分なりのキャラクターの魅力を引き出していた部分が大きいと思います。SNSで「キャスティングが神がかっている」と言われていましたけど、「でしょう?」って思っていました(笑)。

――福田さんの脚本、演出にも引き出されたんですね。
高 明希福田さんは、本人たちの素養と、これまでに培ってきたものをうまく引き出すんです。それをマックスで現場に落とし込もうとするんですけど、いい意味で役者がリラックスした状態で芝居ができるように、肩の力を抜かせるのがうまいし、誘導するのもうまい。そして、それを逃さないし、迷っていたら正解に導く。本人はなにもしていないとか言っていますけど、すばらしい演出でした。以前から脚本家としてリスペクトしていましたが、撮影現場でずっとご一緒して、演出とセットでより力を出される方なんだと思いました。『今日俺』は原作が好きで提案しましたが、原作を扱うからには、大事にしなければいけない部分は守りつつ、変えていくことがおもしろくなるのならば、柔軟に受け入れなければいけない。そうでないと、ドラマとして預かる意味がない。福田さんの提案のセンスは抜群でした。原作の西森博之先生にもご理解いただき、お任せいただいていました。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索