• ホーム
  • 映画
  • 映像権利の海外売買も視野に入れるオンラインマーケット・V-NAVIの可能性

映像権利の海外売買も視野に入れるオンラインマーケット・V-NAVIの可能性

 映画をはじめとする映像権利元とユーザー企業との配信権、テレビ権の契約をサポートするBtoBの無料オンラインマーケット・V-NAVI。運営するプレシディオの代表取締役・花田康隆氏に、日本コンテンツの海外売買も視野に入れたこの先の可能性を聞いた。

スタートから1年で実績、配信権に加えてテレビ権も

 V-NAVIは昨年6月より開設。運営する映画配給会社・プレシディオの自社作品のほか、独立系の映画配給20社ほどが参加し、約1000タイトルをラインナップ。作品ごとに、個別課金(TVOD)、月額見放題(SVOD)、広告収入型・無料配信(FVOD)、無期限販売(EST)の配信権の保有状況を掲載。複雑な構造からわかりにくかった権利関係の情報を一本化することで、権利元と配信事業者の円滑な取引のサポートをしてきた。これまでに国内の主なネット配信事業者十数社ほどがユーザー登録し、開設から1年で延べ約300タイトルの配信契約がV-NAVIを通して結ばれてきている。

映像権利のオンラインマーケット・V-NAVI。作品ページには権利情報のほか、予告映像や詳細が掲載されている

映像権利のオンラインマーケット・V-NAVI。作品ページには権利情報のほか、予告映像や詳細が掲載されている

 そんななか、それまでのサービスに加えて、今年8月から「BS(衛星放送)」「CS(CATVほか)」「地上波」の3つのテレビ権に対応する機能が追加された。スタート時点で作品数は350タイトルほど。FOXムービーほかBSやCSの映画チャンネルなどの放送事業者がユーザー登録し、利用を始めている。

 ユーザーはV-NAVIにログインすると、ジャンル、ストーリー、キャストやスタッフ情報、興行収入成績などから作品を検索でき、その検索結果一覧から作品ページにアクセスすると、画像や予告動画、作品情報に加えて、各種権利の状況を確認できる。契約へは、同ページからワンクリックで権利元へオファーが可能。そこから交渉に入る。また、さまざまな作品の権利元との契約履歴はV-NAVI内にて管理できる(近日実装予定)。権利元、ユーザーともに利用には登録が必要だがすべて無料。契約が成立した際にプレシディオに手数料が発生する。花田氏は「我々の一番の目的は、日本における映画人口を増やすこと」とする。

海外向けの権利売買も視野。アニメ分野にも注力

  • プレシディオの代表取締役 花田康隆氏

    プレシディオの代表取締役 花田康隆氏

 まずは国内におけるV-NAVIの認知と利用拡大、それによるシーンの活性化を目指す一方、その先の展開として、アニメやドラマなど日本コンテンツへの注目度が世界中で高まっているなか、海外向けの権利売買など外国企業との取引への進出も視野に入れている。

 花田氏は「洋画配給の弊社は、海外の多くのコンテンツホルダーとのつながりが強みですが、彼らは日本のマーケットに直接アクセスして売買をしたいという意向があります。また、アニメなど日本コンテンツに注目している海外バイヤーからも、V-NAVIは興味を持ってもらっています。言語の問題など海外売買に向けたシステム的な対応はこれからですが、いくつかの海外大手の権利元とはすでに交渉を始めています。わかりやすく言うと、やろうとしているのは世界中のバイヤーとセラーが集まって権利の売買を行うオンラインの“映画の売買市(国際映画マーケット)”です。まずは国内の活性化を目的としてスタートしていますが、それと平行して、海外から日本へ、日本から海外への売買も視野に入れています」と力を込める。

 現在、買い手側の配信事業者、BSやCSのテレビ放送事業者は、大手を含めほぼユーザー登録済み。一方、コンテンツホルダーとして参加しているのは、独立系の映画配給会社や洋画配給も行う日本の映画会社のみ。今後について花田氏は「独立系だけではなく、海外メジャー、国内メジャー、国内外のテレビ局に参加していただけるよう働きかけていきたい。アニメ分野は今後とくに力を入れていきます」と語る。

 作品の各権利情報をリアルタイムで発信、入手できることで、権利元、ユーザーの双方にとって売買の機会損失を減らし、国内外における契約の可能性を増やすV-NAVI。市場の活性化への大きな役割を担うことが期待される。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!