• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 三吉彩花が「辛い食べ物」にかける情熱 おいしくて美しい”食生活”へのこだわり

三吉彩花が「辛い食べ物」にかける情熱 おいしくて美しい”食生活”へのこだわり

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(9月8日掲載)

女優、モデルとして活躍の幅を広げている三吉彩花さん。クールな美貌と抜群のスタイルは女性たちの憧れの的となり、Instagramのフォロワーはなんと100万人越え。『ダンスウィズミー』『犬鳴村』、そして9月に公開予定の『Daughters』と、ここ1年で主演映画の公開が続く多忙な彼女にとって、癒やしになっているのは辛いものを食べる時間! 以前出演した『有吉ゼミ』でも、ひとり激辛パエリアを完食する姿が話題になりました。そんな三吉さんに、「おいしい」と「美しさ」の両方をかなえるという辛いものへの愛と、大好きな料理、こだわりの食生活を語ってもらいました。読むだけでじわっと汗がにじみます! 三吉さんのコメントが付いた貴重なプライベートショットも併せてお楽しみください!

撮影:KOBA 取材・文:東海林その子
ヘアーメイク:牧野裕大 スタイリスト:藤本大輔

七味は自作、青のり多めがお気に入り

――辛いものを好きになったきっかけを教えてください。
中学・高校生くらいからアジア料理がすごく好きだったんです。タイ料理とか、韓国料理のキムチとか。多分それが始まりだと思います。
この投稿をInstagramで見る

三吉彩花(@miyoshi.aa)がシェアした投稿 -

――辛さにもいろいろありますが、中でも好きなものは?
唐辛子、からし、わさびの辛さは好きです。カレーも辛いほうが好き。さんしょうがきき過ぎている辛さだけは苦手ですね。
――頻繁に辛い料理を食べるということですが、特に辛いものを極めた週をあげると、どんな食生活になるのでしょう?
月曜と火曜に薬膳ヌードルを食べに行って、水曜にキムチチゲ、木曜は別の韓国料理を食べて、金曜に激辛の麻婆豆腐、土日は辛ラーメンを食べたことがありますね。週2〜3回は必ず食べているので、辛いというより、もうそれが普通になってきています(笑)。

(左)「韓国旅行で食べたカムジャタン。おなべはよく食べます」 (右)「マーラータン。辛さも調節でき、麺もヘルシーなので罪悪感なく食べられます」

(左)「韓国旅行で食べたカムジャタン。おなべはよく食べます」 (右)「マーラータン。辛さも調節でき、麺もヘルシーなので罪悪感なく食べられます」

――ご自分でも作ることはありますか?
キムチチゲとか、韓国料理は結構作ります。そのときは唐辛子を多めに入れますね。でも塩分と調味料はなるべくおさえながら、旬のものをちゃんと食べるようにしています。
――七味もご自分で作られるそうですが、配合のこだわりはありますか?
私の場合は一味を多めに入れるんですけど、それと同じくらい青のりも入れています。自分で好みの七味を作れるお店があって、そこによく作りに行くんです。ベーシックなものから塩やさんしょう多めなど、いろいろ試しましたが、磯の香りがする“青のり多め”のバージョンが一番おいしかったです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索