• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 三吉彩花が「辛い食べ物」にかける情熱 おいしくて美しい”食生活”へのこだわり

三吉彩花が「辛い食べ物」にかける情熱 おいしくて美しい”食生活”へのこだわり

おいしく健康に食べるために、1年に1回はアレルギー検査

――これから食べてみたい激辛料理はありますか?
激辛ってわけではないんですけど、実はビビン麺が食べられなくて。冷麺は好きなんですけど、冷たい麺で辛いのがちょっと苦手なんですよね。今の時期はなかなか行けないですけど、前はよく韓国に行っていて、でもビビン麺だけは食べられなかったので今年は挑戦したいです。
――辛いものを食べると代謝がよくなるけれど、食べすぎると肌荒れすることもあると思います。頻繁に辛いものを食べているからこそ、気をつけていることはありますか?
私も辛いものを食べ続けていると、あごまわりやこめかみにプチンプチンって吹き出物ができます。でも、体から余分なものがちゃんと出ている感じがして、「これが出きっちゃえばその分デトックスされる!」って思うんです。

肌荒れするのは嫌ですし、別にそれが楽しいわけじゃないんですけど、おいしくておなかいっぱいになれて、しかもちゃんと効果が出るなんて、「とんでもないな、カプサイシン!」って思いながら食べています(笑)。
――なるほど。Instagramでは、三吉さんがひたすらもぐもぐ食べている動画も話題ですね。たくさん食べる印象がありますが、体型を維持する秘訣はあるのでしょうか?
食べたら食べた分だけむくんだり、脂肪はつくので、頻繁にジムに行って運動しています。でも痩せる目的ではなくて、おいしいごはんを食べたいからプラマイゼロにするためです。
この投稿をInstagramで見る

三吉彩花(@miyoshi.aa)がシェアした投稿 -

1年に1回くらいアレルギー検査をして、自分の体質に合わない食べ物はあまり摂らずに、摂っていいものは存分に食べて、その分を運動でゼロにするっていう感じです。好きな食べ物がアレルギーになったりしてしんどいこともあるんですけど、そういう食材がわかると肌や体質の調子は変わってきますね。

(左)「韓国で焼き肉。しっかり食べてその分ジムで消費。(本当によくたべます)」 (右)「香川でうどん。麺類がとにかく好きです」

(左)「韓国で焼き肉。しっかり食べてその分ジムで消費。(本当によくたべます)」 (右)「香川でうどん。麺類がとにかく好きです」

――家でもトレーニングされるんですか?
家でずっとやっています。主に筋トレをしていて、ゴムバンドやバランスボールを使っています。追い込んで、その達成感のあとにおいしいごはんを食べて、ストレス発散をしています。追い込まないと、罪悪感がすごくて(笑)。
――甘さや酸っぱさ、しょっぱさなどいろんな味がある中で、三吉さんにとってなぜ辛さが魅力的なのでしょうか?
甘いものは好きじゃないのでほとんど食べないし、糖質が多めですよね。しょっぱいものは、梅干しをたまに食べるんですけど、そのあとにむくむんです。でも辛いものは食べたら汗をかいて代謝がよくなって、自分的にはいいことしかない。だから好きですね。ある意味、消去法です(笑)。
――では、三吉さんにとって「辛いものとは」?
なくなったら困ります。汗をかきながら食べることが私にとってストレス発散になっているから、疲れると絶対食べたくなって。もし辛いものがなくなったら、ストレスが溜まると思います(笑)。
プロフィール
三吉彩花(みよし・あやか)
1996年6月18日生まれ、埼玉県出身。ファッション誌『Seventeen』でミスセブンティーン2010 に選ばれ、7年間の専属モデルを経て2017年に同誌卒業。現在は雑誌『25ans Wedding』のカバーガールを務めている。女優としては、映画『グッモーエビアン!』(12)『旅立ちの島唄〜十五の春〜』(13)に出演し、第67回毎日映画コンクールおよび第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。近年では、ドラマ『警視庁 捜査一課長』、映画『ダンスウィズミー』『犬鳴村』など話題作に多数出演。主演映画『Daughters』が9月18日公開予定。
作品情報

(C)『Daughters』製作委員会

(C)『Daughters』製作委員会

『Daughters』(9月18日公開、配給:イオンエンターテイメント/Atemo)
東京・中目黒でルームシェア生活を送るふたりの女性を主人公に、ひとりの妊娠、そしてシングルマザーという人生の決断を経て、友情、仕事、家族と向き合いながら、過去への固執と現実、その先を描く。脚本・監督を務めるのは、同作が初長編作品となるファッションイベント演出家・映像作家の津田肇。妊娠した友人をそばで見守る主人公「小春」を三吉彩花が、小春のルームメイトであり、悩みながらもひとりの女性から“母親”になる決断をする「彩乃」は、近年話題作への出演が相次ぐ女優、阿部純子が務めた。ふたりが通った産婦人科の先生を大塚寧々、彩乃の父親を鶴見辰吾、祖母を大方斐紗子、小春の旅行先で出会う民宿のオーナーを黒谷友香が演じた。
Fanthology!関連記事

福原遥と“料理”の11年 得意なレシピは「焼きカオマンガイ」と「そぼろごはん」

女優、声優、アーティストとさまざまなジャンルで活躍している福原遥さん。Instagramをのぞくと「#福はる食堂」のハッシュタグで、福原さんが作ったおいしそうな料理やスイーツがアップされています。 2009年から2013年まで放送されたNHK Eテレの料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』では、メインキャラクタ…

江野沢愛美が全力で推したい“韓国ファッション&カルチャー” 「着るとテンションが上がる」魔法

女性ファッション雑誌『non-no』の専属モデルを務めている江野沢愛美さん。雑誌以外にもCMやファッションイベントに多数出演しつつ、近年は映画『羊とオオカミの恋と殺人』や『シライサン』に出演するなど、女優としても活躍しています。そんな彼女の“韓国好き”はファンの間では有名。韓国を訪れる際には、エリアごとにフ…

Hinaの「ぱっつん前髪」物語――スタイル誕生秘話と前髪にかける“野望”

恋愛リアリティショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し、一気に若い世代から注目を集めた、次世代ガールズ・ユニオンFAKYのHinaさん。彼女のトレードマークはまっすぐに切りそろえられた“ぱっつん前髪”。そのヘアスタイルが誕生したのは、小室哲哉さんのひと言がきっかけでした。風に吹かれても、激しいダン…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(9月8日掲載)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索