• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • モラハラ夫が浮気、主婦の“ドロ沼”離活ストーリーに反響 「悩む女性の助けになれば」

モラハラ夫が浮気、主婦の“ドロ沼”離活ストーリーに反響 「悩む女性の助けになれば」

 妊娠中に夫が浮気。さらに相手の女性は妊娠、中絶までさせていた…! そのほかにも信じられないほどのモラハラ行為を繰り返す夫と、調停、裁判を経てついに決別。泥沼エッセイ漫画家・カコマツさんが自らのドロドロ離婚体験を綴った漫画『離活のすべて』が、Instagramで大きな話題を呼んでいる。今すぐ役立つ離活の具体的なHOW TOを、苦しんでいる女性たちにシェアしているカコマツさんに漫画に込めた思いを聞いた。

不倫相手を妊娠、中絶までさせていた

──元ご主人のモラハラの数々にはドン引きしましたが、離婚を決意した決定打は?

【カコマツさん】まだ私のお腹に子どもがいた頃に不倫が発覚したんです。それだけでも十分ショックだったのですが、相手とのLINEのやりとりを見たのが決定打になりましたね。

──お相手を妊娠、中絶させたうえに、ひどい内容を送っていたとか。

【カコマツさん】そうなんです。堕胎手術の当日にその方が「つらい」と送ってきたLINEに対して、「パチンコしてるよ〜」とか会話が成立しない能天気な返信をしていたんです。それ以前から元夫のゲスっぷりにはウンザリしていましたが、ここまでひどかったとは…と愕然としました。

──本来なら相手の女性に慰謝料を請求するべきところですが。

【カコマツさん】相手の女性は4人のお子さんを育てているシングルマザーで、中絶費用を捻出するのも厳しいことがLINEのやりとりからわかりました。何よりお子さんたちには罪はない…などといろいろ考えてしまい、結局、わが家の家計から中絶費用をお支払いすることにしたんです。

──相手の方に同情してしまったんですね。

【カコマツさん】相手の方は私が妊娠中だということもご存じだったんです。だから「同じ妊婦なのに、なぜ私にだけ中絶を迫るの?」といったLINEを見たときには、慰謝料請求なんてできないと思ってしまいました。

──カコマツさんが誠実に相手と向き合う一方で、元ご主人はひたすら逃げの姿勢で。

【カコマツさん】支離滅裂な理由をつけては「自分は悪くない」の一点張り。相手の女性とのお金のやりとりもすべて私に任せきりでした。それ以前も不信感はありながら「お腹の子の父親には代わりはない」と我慢をしていたのですが、この出来事があって「この男と一緒に暮らすのは、子どものためによくない」と完全に意識が切り替わりましたね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索