• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 京都水族館の広告ポスター「変態予告」が話題 広報語る“コロナ明けを意識した進化”

京都水族館の広告ポスター「変態予告」が話題 広報語る“コロナ明けを意識した進化”

変態の「予告」にこめられた意味

――「予告」とありますが、こちらは何の予告なのでしょうか?
【担当者】京都水族館のリニューアル予告です。今後の京都水族館が、まるで生き物のように次の形態へと変わっていく(=変態していく)という思いを、端的かつ強い言葉で「予告」しました。
――このポスターはどちらに設置されていますか。
【担当者】大阪の地下鉄梅田駅や、京都のJR京都駅・四条駅、京都のバス停などにあります。

――5月14日に緊急事態宣言が39県で解除されましたが、京都府は該当しませんでした。今後自粛が解除された後、営業再開に向けた動きについて教えてください。
【広報:奥村さん】生き物たちは休館中も元気に過ごしています。緊急事態宣言の解除に関しては、まだ何とも言えない状況ではありますが、水族館の再開に向けては検討しています。これから新しい形態へ変化していく姿勢をお伝えするとともに、今後の京都水族館に期待や興味を持っていただきたいと思います。

 営業再開後、クラゲの展示がクラゲリニューアルを控えているそうだ。どんな「変態」を迎えるのか、今後も注目したい。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索