• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 球界の盟主・読売巨人軍が「釣り部」「即興ラップ」… ファンとの距離を縮めるYouTube戦略とは?

球界の盟主・読売巨人軍が「釣り部」「即興ラップ」… ファンとの距離を縮めるYouTube戦略とは?

成り行きで決まった菅野投手の「超一流の遊び」…驚きと興奮で鳥肌

――今年2月にスタートした春季キャンプ以降、ほぼ毎日動画の更新が行われています。その内容もドキュメンタリー的なものから、選手のトレーニングの様子、円陣に焦点を絞ったものや練習オフ日のものなど実に多岐にわたっています。どのようにして、このような多彩な動画の撮影を行っているのでしょうか?
読売巨人軍ブランドコミュニケーション部新しい部署が発足して初めて迎えた今春のキャンプでは、毎日企画会議を行って、一軍、若手、投手、野手など日々のテーマを決めて、ファンの方々が求める情報と、球団として出したい情報を試行錯誤しながら、本数を多く出しました。ここで良い反応が得られたことで方向性に自信が持てたと思います。
 動画運営において心がけていることは「ファンの方々がどのような映像を求めているか」と「どうすれば映像で選手の価値を高められるか」。この2つを念頭に置き、そのためにできるだけ長い時間カメラを回し、何気ない会話などから垣間見える選手の人間性や魅力などを拾っていけるように心がけています。目の前で大勢のプロ野球選手が練習をしている状況で「ネタに困る」ということはありません(笑)。
――動画の中身もさることながら、サムネイルやテロップなどの編集からも遊びゴコロが感じられます。
同部テロップを丁寧に入れることは心がけています。それは演出的な意図はほとんどなく、聴覚に難のある方や音が出せない状況で見る方にも楽しんでいただきたいという思いからです。スマホで見る人も多いと思うのでできるだけ大きい文字を入れるようにしています。サムネイルも1番見てほしい場面、面白いと思う場面を切り取って「見たくなるような」ものを目指しています。入れる文字は「大きく・簡潔に」。ベースとなる画像との兼ね合いも考え、見やすくするため色合いにも気を遣います。
――数々の動画を撮影、編集してきたなかで、一番印象に残っている動画はどれですか?
同部当チャンネル内で最高再生回数217万回(5月19日現在)の「菅野智之投手、驚異の感覚」です。菅野投手がブルペンで自分の球速を投球前後に次々に言い当てるという内容です。事前打ち合わせなどもなく、成り行きで始まった「超一流の遊び」を目の当たりにし、撮影中にも関わらず驚きと興奮で鳥肌が立ちました。
――動画を撮影し始めて、選手、コーチ、監督からはどのような声が上がっていますか?
同部原監督や阿部二軍監督もアップした動画を見てくださっていて、原監督からは「よく頑張っているじゃないか」と声をかけていただきました。選手たちからも「見たよ」と言ってもらうことが多々あり、自らアイデアを持ちかけてくることも増えてきました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索