• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 10年以上続けられるのは「本気で遊んでいる」から 竹財輝之助の草野球“熱”

10年以上続けられるのは「本気で遊んでいる」から 竹財輝之助の草野球“熱”

ジャンルを問わず数多くのドラマや映画に出演している俳優の竹財輝之助さん。子どものころはサッカー一筋でしたが、大人になってから草野球にのめり込み、今では10年以上のキャリアを誇るほどに。なぜそこまで草野球に対し熱意を持って取り組んでいるのか。その魅力についてお話をうかがいました。

撮影:小倉直樹 取材・文:遠藤政樹

“ルールを知らない”助っ人からのスタート

――草野球が趣味とのことですが、もともと野球経験はあったのでしょうか。
竹財輝之助実は子どものころは、ずっとサッカー一筋で、野球は全くやっていなかったんです。

――野球を初めてプレーしたのはいつですか?
竹財輝之助25、6歳の時ですね。友だちに誘われて初めてキャッチボールをしました。

――今のチームにはどのようにして入団したのでしょうか。
竹財輝之助同い年の役者から「チームを作るけど人数が足りないから来て」と誘われました。チームを作る前にも、何回か練習試合の助っ人で行ったことがあり、そのときは正直に「野球知らないよ。ルールも知らないから」と伝えたのですが、「バットを持って立っていてくれればいい」と言われました(笑)。野球経験はそこから始まっていますね。

ただ、野球をやろうと思ったのは、当時フットサルがきつくなってきていたというのもあります。
――常に走り回るのがつらくなってきたと(笑)。
竹財輝之助ええ(笑)。前はちょこちょこはやってはいたんですけど、気づいたらサッカーを辞めて3〜4年経ってしまって。

キャッチボールをして面白かったというのもあります。野球経験者には当然なのかもしれませんが、ボールの握り方や投げ方で球筋が全然変わるし、グローブで捕球する際もすごく気持ちいいとか、初心者だった当時はそういうところから「野球面白いな」って感じました。じゃあ「チームを作るならやってみようか」と。

――ところで、竹財さんは右利きなので右投げだと思いますが、打席はどちらですか?
竹財輝之助左打ちです。

――右投げ左打ちは近代野球ではポピュラーですが、左打ちにした理由は何かありますか?
竹財輝之助助っ人で試合に出た時、最初は右で打っていたのですが、腰を痛めてしまい、右で振ると痛くなっちゃって……。それで左で振るようになったんです。そうしたら「そっちの方がスイングはきれい」と言われて「本当に!?」って(笑)。それで左打ちにしました。
――意外な経緯ですね。左打ちの好打者はプロ野球にも多くいますが、打ち方を右から左に変えるのは大変そう。誰か参考にした人はいますか?
竹財輝之助(元広島東洋カープの)前田智徳さんと(元メジャーリーガーの)イチローさんの打ち方を人から教えてもらって。「イチローはちょっと特殊だし、前田のマネは難しいけど、この2人は参考にできるから見ておきな」と言われて練習しました。今ではすっかり左打ちですね。

満塁ホームラン放つも「感触覚えてない」

――初プレーした時の感想は?
竹財輝之助最初は全然楽しくなかったです。ルールがわからないから(笑)。ただ人数が足りないから、いきなりレギュラーだったんです。

――なるほど、ルールがわからずプレーしていたら楽しくはないですよね(笑)。当時の守備位置や打順は覚えていますか?
竹財輝之助ライトですね。「ここボール飛んでこないから」って。打順はよく覚えてはいないのですが、9番だったと思います。
――当時はルールがわからなかったとのことですが、今は?
竹財輝之助ある程度は。たまにわからないときもありますけど。ただ、うちのチームはサインがわかる人がいないので、サインを出しません。細かい戦術もわからないですけど、もう三塁にいきなり走るようなことはなくなりました(笑)。

――ということは、最初の頃は打ったあとに三塁に走ったことも……。
竹財輝之助ありましたね(苦笑)。バットにボールが当たったのはいいけど、どっちに走ればいいのかな?って。
――見ている方はびっくりですね。では、印象深かった初ヒットの思い出は?
竹財輝之助助っ人で試合に参加した時、実は満塁ホームランを打っているんです。外野の一方向がすごく狭い野球場があるんです。多分、上からたたきつけるような「大根切り」(※極端なダウンスイング)をしていたと思いますが、それで入っちゃったんですよね。インパクトが強いのでそれは覚えているけど、初ヒットはどれだろう(笑)。

――たしかに初ホームランの方が忘れることができなそう。でもホームランならかなり気分も良かったのでは?
竹財輝之助感触とか全く覚えていないし、「おお入っちゃった。えっ、ホームラン?」って感じだったから、気持ち良くもなかったですね。
  • 竹財さんの野球風景

    竹財さんの野球風景

――手応えゼロは残念ですね。入団当時は9番ライトとのことでしたが、経験を重ねた今の打順やポジションは?
竹財輝之助1番センターがもっとも多いのですが、守備位置に関しては、そのとき空いている外野のポジションで出場することもありますね。

――1番を任されるということは、俊足だったり出塁率が良かったりするのでしょうか?
竹財輝之助走力については多分そうです。チームメイトは平均年齢40歳ぐらいと、基本的におじさんばかりなので、そのなかでは(笑)。他チームも似たような感じなので、内野に球を転がしておけばヒットになる確率が高いんです。

――左打ちなら一塁ベースも近くて有利ですし、守備の動きが遅いとなればなおさらですね。
竹財輝之助はい(笑)。だから打率が良くて、結果として1番を任せられているのだと思います。

――俊足ということは積極的に盗塁も?
竹財輝之助相手ピッチャーによりますけど盗塁もします。やっぱり草野球でもけん制が上手い人はいて。僕たちはリーグ戦に参加しているのですが、なかには甲子園経験者とかノンプロとかもいます。

たまにプロ野球を引退した人が来ることもあるのですが、さすがにその人たちはずるいなと思います(笑)。そういった相手の場合、リードはちょっとしかとらないですね。けん制で刺されてしまうので(笑)。いつけん制を投げてくるのか全然わからない。すごいですね。
――特に「この人はすごかった!」という人はいますか?
竹財輝之助対戦相手ではないんですけど、昔ヤクルトにいた鎌田(祐哉)さんという方がいて、現役のときに一度だけ軟式を投げてくれたことがありましたが、とにかくすごかったです。

よく「ボールが消える」とか言いますよね。冷静に見たら、ただボールが変化して曲がっているだけでしょうけど、バッターボックスに立ったら、鎌田さんが投げた球は本当に消えて! 「プロってすごい!」「何かを極めた人って想像以上だな」って思いましたね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索