元球児が志す歌の道〜真田ナオキ×木川尚紀対談〜

学生時代に白球を追い続けた2人の男が、グローブをマイクに持ち替え、歌の道を志している。小学生時代に、俊足好打の1番センターとして、日本代表に選ばれたこともある真田ナオキと、高校時代に、激戦区・茨城県でベスト16に進出するなど、県内有数の好左腕として名を馳せた木川尚紀。歌の世界で、令和を担うであろう2人の「なおき」が、“野球”を通じて得たものとは?

外野を球拾いと勘違い

――お二人の野球歴を教えてください。
真田小学校1年から中学生くらいまでやっていました。始めたきっかけは家族の知り合いが少年野球団の監督をやっていて誘われたことですね。
木川僕は小学校1年生から始めて、中学・高校まで。真田さんと同じで、地元の少年団のチームの監督が、父親の知り合いだったんです。
真田ですよね(笑)。だいたい、知り合いだから家に監督が来られて、「野球やってくれないか」みたいな感じになるという…。
木川僕も最初は無理やりだったんですけど、体を動かすことは好きだったので。
真田でも、小学校4年生くらいまで、野球に行っているのに砂遊びばかりやっていたんです。でも5年生くらいから、エースだった同級生と仲良くなって、だんだん真面目にやるようになりました。木川さんは、ポジションは?
木川ずっとピッチャーですね。左利きなので守れるポジションも限られてて、ピッチャーやっていないときは、一塁か休むか。ただ、相手バッターを三振に取るのがすごく好きだったので、自分に合っていたと思います。真田さんは?
真田僕はセンターでした。最初にポジションを伝えられたとき、野球を全然知らなくて、外野だから球拾いだと思ったんです。ダイヤモンドの中の人たち(内野手)がメインだと思ってて、なんで俺は球拾いなんだよって(笑)。
木川 笑

輝かしい戦績もケガで野球をやめることに

――お二人とも素晴らしい実績を残されたと伺いましたが、主な戦績を教えてください。
真田うちの地元はリーグ制で、そんなに多くなくて。全部で8チームくらいなんです。5年生の時に、そのなかで年間最優秀選手賞をいただきました。そこからいろいろな選抜に選ばれるようになって。日本選抜にも選んでいただいて、親善試合とかに出てました。
木川すごいですね。
真田ただ、僕の場合、日本代表に選ばれた直後に靭帯を傷めてしまって。子どもだったので、そこまで大きなケガだと思わなかったんですよね。でも思ったよりも重傷で、中学時代は遠投もなかなかできないくらいになって、だましだましやっていたって感じです。
木川真田さんもケガで野球をやめられたんですか?僕も最後は肩と肘両方壊してしまいました。戦績は、高校2年の時に県大会でベスト16が最高です。ベスト16を決めた試合は、県内でも有名な強豪に競り勝ったんですけど、本当にうれしかったですね。ただ、その県大会の後は、肩や肘がおかしくなって…。エースだったので、「今日痛くて投げられません」とは、なかなか言えなかったですね。3年夏は1つ勝ったんですけど。最後はもう痛くて…。
真田僕と木川さんは、野手と投手なので単純に比較ができないけど、僕の親友もエースで投げすぎていたので、その姿が木川さんに重なるというか…。「俺が投げないといけない」という気持ちはすごくわかります。
――お二人ともケガで野球を離れられたんですね…。野球を通じて得たものはどんなことがありますか?
真田僕は人生で一番最初に挫折を味わえたことですね。優勝や選抜などの栄光を味わせてもらったのも野球、それを失って挫折したのも野球で。僕の場合それがすごく早い時期だったので、そこからいろんな経験、景色が見られた。今考えるとよかったなと思います。何かつらいことがあってもその時と比べて全然つらくないと考えられる。「なんとかなるさ」精神が培われましたね(笑)
木川あいさつ、目配り、気配りなどの礼儀や、一人ではなくチーム全体でひとつのことを頑張るということ学びましたね。あとは、真田さんと同じで、あれだけきつい練習したって考えると、今つらい時でも全然大丈夫です。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索