• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • アウトドアで議論も白熱?全国400社「キャンピングオフィス」が人気の理由

アウトドアで議論も白熱?全国400社「キャンピングオフィス」が人気の理由

 1時間100円、サウナ付き、瞑想ルーム付きなどあらゆる広がりを見せているシェアオフィスやコワーキングスペース。中でも、一際凄まじい勢いで利用が広がっているのが“キャンピングオフィス”だ。野外やオフィス内にキャンプ用テントを設置し、そこで会議やプレゼンテーションを行うというのだ。キャンプ用品大手のスノーピークグループがサービスを開始すると、3年足らずで全国400社以上が利用しているという。その人気の理由とは。

解放的でリラックス、笑顔増えフラットな議論、いつもとは違った発想生まれる

 渋谷のビル街ど真ん中に張られたテント。東急が運営する明治通り沿いの複合施設『渋谷キャスト』の広場でも、スノーピークが協力し、法人向けオフィスとして時間貸しを受け付けている。1日2件前後の予約があり、いつもとは違った環境でのブレインストーミングや社員同士の関係性を向上させる、などの目的でミーティングが開かれているほか、商談の場としても利用されている。
 スノーピークビジネスソリューションズ事業戦略本部の佐藤佳さんにこの斬新なサービスのきっかけを聞いた。
――キャンプをオフィスに、とは斬新な発想ですよね。
佐藤佳さんきっかけは、当社の現代表が「自然の中で働いてみたら気持ちいいのではないか」と考えたことでした。自らキャンプ用品を持って高知県の山間部で1週間仕事をしてみたところ、五感が刺激され、新たな事業アイデアが思い浮かぶことを実感しました。この経験をもとに、自社のコミュニケーション活性化にもキャンプを取り入れたことが始まりです。

――実際、社内の反響はありましたか。
佐藤佳さんテントの中やタープの下で会議をしたり、焚火を囲んで語り合ったりすることが、チームビルディングをはじめ、考えが煮詰まったり、自由な発想を生み出したいとき、様々な効果を発揮することを体感していました。この効果をより広く社会に提供できないかと考え、3年前からキャンピングオフィスサービスの提供を開始しました。

――利用者からの反応はいかがですか。
佐藤佳さんサントリー食品様からは「日頃の議論よりも笑顔が多く、未来志向のポジティブな議論が弾んだ」「テントやタープを張る共同作業を通して、自然とチームビルディングが進んだ」という感想や、リクルートホールディングス様は「あらゆる業務がオンラインでできることを目指してはいますが、だからこそ親睦を深めたり、より確かなつながりが重要になるはず。効率的作業のためのオフィスから、よりよい人間関係をつくるオフィスへ。その流れの中で、自然は一つの大きな選択肢になるでしょうね。」というお言葉を頂きました。

――普段とは違う環境下で、チームワークを深める機会となるのかもしれませんね。
佐藤佳さんそうですね。ほかにも、利用した企業様から「解放的な空間でいつもよりリラックスできた」「初対面の人とも打ち解けるのが早く、議論も闊達になる」「役職や年齢が関係なくなったような平等な感じがして、自由に意見交換ができた」「香りや風などが心地良い刺激を与え続けてくれて、集中力を切らさずに仕事ができる理想的な環境」といった声もありました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索