• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • 『水晶パフェ』に反響、マニアからインスタ女子まで惹きつける“鉱物”の魅力とは

『水晶パフェ』に反響、マニアからインスタ女子まで惹きつける“鉱物”の魅力とは

 京都市にあるカフェ「ウサギノネドコ」(@usaginonedoko_kyoto)で開催中の「おいしい石展」がSNS上で話題となっている。鉱物に見立てたスイーツ『水晶パフェ』が人気で、訪問客が写真を投稿したツイートは2万いいねを超えた。さらに全国に先駆けて11年前から開かれている東京の「鉱物Bar」(@KoubutuAsobi)でも、年々客層が広がっているという。スイーツにカクテル、アクセサリーなど様々な楽しみ方が広がる“鉱物”の魅力とは。

ぶどう石に豚肉石、チョコレート石まで、地球の内部で生成されたロマンを感じてほしい

 “自然の造形美”がコンセプトの「ウサギノネドコ」では、25日まで「おいしい石展」を開催している。鉱物の魅力を感じてもらおうと、おいしそうに見える石の標本を展示しているほか、鉱物に見立てたスイーツを販売している。代表取締役の吉村紘一さんは、強い手ごたえを感じているという。

――「おいしい石展」の反響はいかがですか。
【吉村紘一さん】私どもの店舗を目当てに遠方からいらしたり、目をキラキラさせていらっしゃったり、提供側としては大変やりがいを感じております。透明感があって色味がある鉱物には、宝石のような美しさがあって、ご興味をお持ちいただく方が多いようです。

――特に『水晶パフェ』には大きな反響があったようですね。
【吉村紘一さん】大変大きな反響がありました。パフェの見た目を水晶に近づけることはもちろん、パフェとしての味の完成度にもこだわりました。水晶の群晶は寒天を煮詰めた錦玉羹を使い、本物らしく見せるために1個ずつ手で削っています。あとは夏らしくさっぱりとした味わいにするために、母岩部分には、レモンジャム、グレープフルーツとタイムの蜂蜜マリネ、クリームチーズのアイス、カットマンゴーが地層のように続いています。

――標本展示では、数ある鉱物の中でどのようなものを選ばれていますか。
【吉村紘一さん】やはり色味のあるもの、透明感のあるものが人気です。水晶はもちろん、瑪瑙、天青石などが人気ですが、「おいしい石展」ならではのぶどう石や、グレープカルセドニー(ぶどうのように見える)、豚肉石(豚肉のように見える)、武石(チョコレートのように見える)なども人気です。

――鉱物の魅力を教えてください。
【吉村紘一さん】色味、造形などの多様性でまず楽しめるということ。あとは地球の内部でひっそりと生成されていたということにロマンを感じることができる点に魅力があると思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索