アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 役者としても活躍続く博多華丸、『あさイチ』は「プレッシャーを感じる余裕なく」

役者としても活躍続く博多華丸、『あさイチ』は「プレッシャーを感じる余裕なく」

芸人が役者として重宝される理由とは?「新喜劇で言えばコケ役みたいなもの」

――華丸さんもそうですが、いまや芸人も役者として活躍する時代。なぜ芸人がお芝居の世界で重宝されると思われますか?
博多華丸 たぶん、要領がいいんでしょうね。芸人さんは「ココを押さえておけばいいだろう」というところをちゃんとわかっているんじゃないかと思います。本業ではない、という余裕もあるでしょう。「こうすれば相手の役者さんに迷惑がかからないだろう」って、上手に立ち回る方が多いんじゃないかな。例えばキャラが濃い芸人さんでも、お芝居の中に入ると、そのキャラを出しすぎない人もいるじゃないですか。

――いい味になっていることも多いですね。
博多華丸 空気を読むことに長けているので、結果的にそうなるのかなと思います。吉本新喜劇で言えば、ボケた人に対してコケることで笑いを取る、コケ役みたいなものです。バラエティーのひな壇で言えば、「おい!」とツッコミを入れる人。お芝居の場であれば、相手の役者さんに対して、演技でリアクションをとる。そうやって、通じるものはあると思うんです。芸人は、客観的にすべてを見回せる目が備わっているんじゃないかな。

――連続テレビ小説『わろてんか』(2017年)にも、たくさんの芸人の方が出演されていました。
博多華丸 あれは吉本の話だったんでね。まぁ、あんないい会社ではないと思いながら、僕も観ていました(笑)。

――そういえば相方の大吉さんも、『めんたいぴりり』ではスケトウダラの役で出演していて。
博多華丸 もうちょっとちゃんとやって欲しかったんですけど、お芝居が雑でしたね(笑)。でもその分、『あさイチ』を頑張っていますので。逆に、僕がお芝居をしているときは『あさイチ』が雑になっていると思うので、お互い様ですね(笑)。

好きな役者は唐沢寿明、芸能界に憧れたきっかけはドラマ『愛しあってるかい!』

――ちなみに華丸さんの好きな役者さんは?
博多華丸 唐沢寿明さん。朝ドラの『とと姉ちゃん』(2016年)では途中から登場されたんですけど、唐沢さんが出るとガラリと雰囲気が変わって。影響力がある役者さんだなと思います。

――華丸さんの“朝ドラ受け”も好評ですが、ドラマ好きになったきっかけの作品は?
博多華丸 もともと僕は、ドラマ『愛しあってるかい!』(フジテレビ系・1989年)を観て、芸能界に憧れたんです。主演の陣内孝則さんが、ところどころ博多弁でセリフを言っていて。「東京のテレビでも博多弁でしゃべっていいんだ」と知ったのが、芸能界に入ろうと思ったきっかけ。それが、なんでお笑いなのか? っていうのはあるんですけどね。そこは紆余曲折があったとだけ言っておきます(笑)。

――では、最後にこれから『めんたいぴりり』を観る方にメッセージを。
博多華丸 映画をご覧になって、「今日は明太子を買って帰るか」と思っていただけるのが、僕にとっては一番のご褒美。『めんたいぴりり』、お口に合うとうれしいです(笑)。

(写真・文:今 泉)

映画『めんたいぴりり』

監督:江口ロカン
出演:博多華丸 富田靖子 斉藤優(パラシュート部隊) 瀬口寛之 福場俊策 井上佳子 山時聡真 増永成遥 豊嶋花 酒匂美代子 ゴリけん 博多大吉(友情出演) 中澤裕子 高田延彦 吉本実憂 柄本時生 田中健(特別出演) でんでん
(C)2019「めんたいぴりり」製作委員会

1月18日公開
【公式HP】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!