• ホーム
  • 映画
  • 國村隼インタビュー『冒険できない状況の日本映画界で“映画を楽しむ”サイクルへの期待』

國村隼インタビュー『冒険できない状況の日本映画界で“映画を楽しむ”サイクルへの期待』

 長年に渡り国内外の作品に数多く出演し、唯一無二の存在感と圧倒的な演技力でキャリアを築いてきた俳優・國村隼。韓国の鬼才ナ・ホンジン監督とタッグを組んだ『哭声/コクソン』は、韓国で動員700万人を超える大ヒットを記録。韓国では今一番ホットな日本人俳優として知られ、幅広い層の映画ファンから注目されている。そんな國村に、韓国映画初出演となった今作の「これまでの出演作のなかで一番ハードだった」という撮影現場や、外から見た日本映画界に対して思うことを聞いた。

韓国映画に興味を持ち始めて、機会があればと思っていた

――今作に出演する前はナ・ホンジン監督と面識があったわけではないそうですが、出演の経緯を教えていただけますか。
國村隼僕の出演した作品をナ・ホンジン監督が観てくださっていたそうで、監督から脚本とデビュー作の『チェイサー』、2作目の『哀しき獣』のDVDが送られてきたんです。そのあと監督が東京まで会いにきてくださって、どういう作品にしたいかなど話し合いをして、「じゃあ一緒にやりましょうか」とお受けすることになりました。

――監督の過去作品をご覧になった印象はいかがでしたか?
國村隼『チェイサー』はシリアルキラーが登場する救いのない物語なのに、嫌悪感もなかったですしなぜか引き込まれてしまったんです。それってなんでだろうと考えたりもしました。構成力や作品のテイストなど、とにかく才能豊かな方なのでご一緒したら楽しそうだなと思いました。
――今作が韓国映画初出演になりますが、それまでは韓国映画に対してどのような印象を持っていましたか?
國村隼今回のオファーをいただく前からいろいろ韓国映画を観ていて、おもしろいなと思っていたんです。どの作品を観ても俳優さんたちの存在感が強く、作品自体もパワフルという印象を受けていました。だから一体どんなふうにして作っているんだろうと興味を持ち始めて、機会があればと思っていたらちょうど今作のオファーをいただいて。不思議なご縁があったのかもしれませんね(笑)。

――脚本のどんなところに惹かれましたか?
國村隼まず今作の世界観がとてもおもしろいなと。ただ躊躇したのは、今まであまり劇中で脱いだりしてこなかったので、いきなりネイキッド(素っ裸)で山の中を走り回るというのはどうなんだろうと……。そんなことを考えながらも僕以外の誰かがこの役を演るのは観たくないと思えてきて、断ればきっと後悔すると思ったので「エイヤ!」と決断しました。と言っても、台本ではネイキッドだったんですけど、現場でふんどし姿に変更になったんですけどね(笑)。

これまでの出演作のなかで肉体的に一番ハードだった

――ふんどし姿で山中を走り回る以外にも、鹿の生肉を食べたり滝に打たれたりなどかなりハードな撮影だったのではありませんか?
國村隼実は、体力的にもつかな?という心配はありました。もちろん事前に心配していても仕方ないとは思って入りましたが、生半可な現場ではなかったです。今まで参加した作品のなかで肉体的にもっともハードだったんじゃないかな。撮影現場に辿り着くまでに瓦礫だらけの岩山みたいなところを登って、完全に登山ですよ(笑)。30分ほど傾斜のある足場の悪いところを進んでいかないと撮影現場に着かない。それが毎日だったので体がガタガタになりましたし、撮影中はその山の中を走ったりしましたからね。

――監督の演出はいかがでしたか?
國村隼何度もテイクを重ねていく撮り方には驚きました。もちろん一発目のテイクが一番いいとは思っていないですし、役者は良い作品を作るためのピースのようなものなので、よりよい素材を得るための必要なテイクだということは頭ではわかってるんですけど……体力はついていかないという(笑)。
――決められた撮影スケジュールのなかで妥協しない撮り方をされていたのでしょうか?
國村隼日本の現場みたいにクランクアップ予定日から逆算するのではなく、例え決められたスケジュールからオーバーしても撮影は続きます。今作は撮り終わるまでに半年以上かかりましたが、日本では半年以上かけて撮るなんてまずありえないです。

――役者さんのスケジュールよりも撮影が優先されるんでしょうか。そういったお話をうかがうと、韓国での映画を作ることへのプライオリティの高さが感じられます。
國村隼日本の現場は合理的に効率よく進んでいくので、無駄のないシステムという意味ではすごくいいと思うんです。ただ、ナ・ホンジン監督の現場に関しては“撮りたい画を撮るための上限をどう満たすか”ということを一番に優先させていて。例えば朝の自然光の中で撮りたい場合、朝日が照っていないとダメなんです。そういうのは思い通りにコントロールできませんから、逆算のしようがないんですよね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!