• ホーム
  • 芸能
  • オダギリジョー「困難は乗り越えるしかない」

オダギリジョー「困難は乗り越えるしかない」

前へ

オダギリジョーにとっての“仕事”とは

仕事のこだわりについて聞くと、「仕事なんてどうでもいい」と意外な言葉が飛び出した。

「自分の中では、自分の人生を一番に考えるので、仕事じゃない面も重要だと思っています。仕事は人生の中で一つの要素でしかない。大げさな話、今の仕事を辞めて、アルバイトで生きていけるのならば、それでもいいと思っています。仕事なんてどうでもいいと思うんです。人生において、もっと楽しくてもっと重要なことは他にたくさんあると思っています」

映画が心から好きで、ストイックなイメージがあるが…?

「そういう面もたしかにありますが、ただ仕事だけが人生じゃない。人間の喜怒哀楽は仕事だけがもたらすものではないでしょ。確かに資本主義社会で生きて行くことはお金を稼がなければならない訳で、やりがいのあるプライドの持てる仕事につくことは大切なことなのは分かります。でも、僕にとっては仕事よりも人生を豊かにしてくれるものが他にあると思っているだけなんです。だって、もしも仕事をしなくても、残りの人生に必要なお金をあげますよと言われたら、最高じゃないですか?(笑)仕事を辞めて遊んで暮らしたいですよね?」

読者へメッセージ「人は、楽しいことに没頭すべき」

「ダメ人間の言葉みたいですが(笑)、仕事もそうだけど向き不向きってありますよね?人はそれぞれ個性がありますから、隣の人とは違う長所があるはずなんです。それに気付かず、気乗りしないことを続けても、もったいないのかなと思うんです。では自分が何に向いているのか?それを見つける1つの方法は『楽しいと感じることをとことん深める』ということだと思います。何でもいいと思います、人の迷惑にならなければ。自分の心に正直に、楽しく過ごすことが重要じゃないかなと思いますね」

「僕は、20代をあまりに働きすぎました。やりたいこともあったし、目標もはっきりしていました。あまりに働きすぎて、結果こうなったと思うんです。“仕事なんて…”って。なってしまったものはしょうがないんですけれど、それは良いこととも思えません。30代40代って働き盛りだろうし、人生も脂がのってくる一番いい時期だと思う。もし、僕が20代の自分に会ったとしたら、“楽しいことを思い切りやるべきだ”と伝えると思います」

(取材・文 / 加藤由盛)
(写真 / RYUGO SAITO)
Information
『エルネスト』
10月6日(金)公開

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタほか
(C)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS. 
前へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!