アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 錦戸亮主演ドラマの会見に南相馬の迷い犬・アーツが参加

錦戸亮主演ドラマの会見に南相馬の迷い犬・アーツが参加

 関ジャニ∞の錦戸亮が初主演する連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』(テレビ朝日系)の制作発表が11日、都内で行われた。劇中に“スカイツリー”役で登場するポメラニアン・ダイヤが錦戸に抱かれて愛らしさを振りまくなか、東日本大震災により福島県南相馬市で迷子になっていた雑種犬アーツも登場。現在は避難中の飼い主に代わってペットのタレント所属事務所に保護されているといい、錦戸は「人間と同じで怖かったでしょうしトラウマになってるかも。できるだけ早く家族のもとに戻れることを祈っています」と気遣った。

 同ドラマは完成間近の東京スカイツリーのふもとに暮らす4人家族に、捨て犬だった一匹のポメラニアン“スカイツリー”が仲間入りすることによって崩壊しかけたドン底の家族が奇跡的に再生していく様子を描くホームドラマ。初の父親役に挑む錦戸は、「すでに二人も子どもがいるってところから始まっていて。僕自身、子供のいる友達に話を聞きながらやってます」と奮闘ぶりを語った。

 東日本大震災当日の3月11日に撮影がクランクインし、錦戸は「撮影もストップしたし、初主演のドラマのクランクインで揺れたということは忘れられないでしょう」と振り返った。「だからこそ今、ドラマを頑張って撮ろう、僕に出来ることを一生懸命やろうという気持ちです。いろいろ大変な時期ですが、ドラマが癒しの1時間になれば」とエールを送っていた。

 会見にはほかに水川あさみ、子役の久家心、山崎竜太郎が出席。ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』はテレビ朝日系にて15日(金)午後11時よりスタート。

◆関連ニュース ドラマテレビ朝日ジャニーズ



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 被災地で保護された迷い犬・アーツ 
  • 水川あさみ(右)と子役の山崎竜太郎 
  • 連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』の制作発表会見に参加したスカイツリー役の役者犬・ダイヤ 
  • 連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』の制作発表会見に出席した久家心 
  • 被災地で保護された迷い犬・アーツ 
  • 連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』の制作発表会見に参加したスカイツリー役の役者犬・ダイヤ 
  • 連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』の制作発表会見に参加したスカイツリー役の役者犬・ダイヤ 
  • 連続ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』の制作発表の会見中もすっかり親子の雰囲気の水川あさみ&山崎竜太郎 

オリコントピックス