アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『おもひでぽろぽろ』がミュージカルに ジブリ作品初の舞台化

『おもひでぽろぽろ』がミュージカルに ジブリ作品初の舞台化

■その他の写真ニュースはこちら

 1991年7月20日に公開されたスタジオジブリの人気アニメーション映画『おもひでぽろぽろ』(脚本・監督:高畑勲 原作:岡本螢・刀根夕子)が、元宝塚雪組男役トップスターの女優・朝海ひかる主演で来春ミュージカル上演されることが9日、わかった。ジブリ作品の舞台化はこれが初めて。

 「私はワタシと旅に出る」がキャッチコピーの『おもひでぽろぽろ』は、『火垂るの墓』以来3年ぶりに高畑監督作品として制作。東京生まれ東京育ちの27歳のOL・タエ子は、現在の自分に漠然とした物足りなさを感じ、休暇を取って姉の夫の実家がある山形へ向かう。夜汽車の中、ふと小5時代の自分が頭の中を駆け巡り、山形では自然と調和しながら暮らす農家の人々の姿に、地に足の着いた生活の魅力を発見し田舎気分を満喫。やがて東京へ帰る日の前夜、おばあちゃんからある聞かされ――。

 映画で今井美樹(小5時代は本名陽子)が声を担当した主人公・タエ子を朝海が演じるほか、タエ子の母(声:寺田路恵)を同じく元雪組男役トップスターの杜けあき、山形で新しい農業に意欲を燃やしタエ子をいろいろ案内する青年トシオ(声:柳葉敏郎)を劇団わらび座の俳優・三重野葵が演じる。演出は栗山民也、作曲は甲斐正人。

 ミュージカル『おもひでぽろぽろ』は2011年4月16日(土)〜29日(金・祝)、東京・天王洲の銀河劇場で上演。その後、5月8日(日)〜2012年1月3日(火)まで秋田県仙北市にある「たざわこ芸術村・わらび劇場」でロングラン上演後、2012年4月より全国ツアー公演が行われる。公演キャストは、時期と地域によって異なる。東京公演に関する問い合わせは、わらび座関東・東海事務所(048-286-8730)、東京公演以外の問い合わせはわらび座広報宣伝室(0187-44-3855)。



オリコントピックス