• ホーム
  • 芸能
  • 長瀬智也、主演ドラマ会見での恋愛質問に「イエローカード」 主題歌はTOKIOと玉置浩二のコラボ楽曲に決定

長瀬智也、主演ドラマ会見での恋愛質問に「イエローカード」 主題歌はTOKIOと玉置浩二のコラボ楽曲に決定

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・TOKIO長瀬智也が29日、神奈川・緑山スタジオで行われた主演ドラマ『うぬぼれ刑事』(TBS系)の会見に共演者の生田斗真中島美嘉らと共に出席。容疑者に一目ぼれし、あげくの果てにはプロポーズまでしてしまう“うぬぼれ”役に挑む長瀬は、記者からの「本命“容疑者”には?」という私生活での恋愛についての質問を「サッカーならイエローカードですよ」と笑顔で受け流した。またこの日は、ドラマ主題歌にTOKIOが歌う「NaNaNa(太陽なんていらねぇ)」が起用されることが発表され、歌手・玉置浩二が書き下ろし、安全地帯が編曲を手掛けたコラボ曲となっていることがわかった。

 脚本・演出を宮藤官九郎が手掛け、『タイガー&ドラゴン』(同局系)以来5年ぶりとなる長瀬と宮藤のタッグが実現した同作。長瀬演じるうぬぼれ独身刑事が、毎回犯人に一目ぼれし、最後には逮捕状と婚姻届を出し「結婚してくれるなら逮捕しない」とプロポーズするも、犯人は決まって逮捕状を選ぶというコメディタッチの刑事ドラマとなっている。

 「刑事ドラマの定義をぶっ壊していきたい。普通の刑事ドラマじゃできないことをやっていきたい」と長瀬は力強く語り、「宮藤さんとは5年ぶり。節目節目で一緒にお仕事させてもらっていて、お互い進化していったものが作品になるのではと思うと楽しみです」と期待を込めた。

 長瀬の役設定に宮藤は「うぬぼれた方がおもしろいじゃないですか。そういう部分を楽しみたかった」とニヤリ。また、“くだらない俳優”本城サダメを演じる生田は「台本を読んだ時、くだらない俳優って書いてあって、僕のことを(宮藤は)どう思っているのかなとか思ったけど、くだらない役をやるのは凄く楽しいです」と笑いながらも初の宮藤ワールドを満喫している様子だった。

 主題歌でのコラボが実現した玉置について長瀬は「僕らがデビューするぐらいからずっとお世話になっていて。ようやく、15、6年の時を経て一緒に仕事ができた。最近、ワイドショーでお見かけしますけど、曲を聴いて天才だなと思った」と脱帽。玉置の人柄にも触れ「気持ちで生きていますよね。音楽をやってなかったら、ああいう風にはなってなかったと思う。男は憧れますよね」と語っていた。

 会見にはそのほか、西田敏行要潤荒川良々矢作兼も登壇。ドラマ『うぬぼれ刑事』は7月9日(金)後10時より毎週金曜放送。


 玉置浩二



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した中島美嘉 (C)ORICON DD inc. 
  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した宮藤官九郎 (C)ORICON DD inc. 
  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した要潤 (C)ORICON DD inc. 
  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した荒川良々 (C)ORICON DD inc. 
  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した西田敏行 (C)ORICON DD inc. 
  • TBS新金曜ドラマ『うぬぼれ刑事』の会見に出席した、おぎやはぎの矢作兼 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス