ドラマ&映画 カテゴリ

お笑いコンビ・麒麟川島明が1日、本格的なドラマデビュー作となったNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』(月〜金 前8:15)の会見を大阪の同局で行った。パッとしない元漫才師で人気ラジオDJ役を演じる川島は「相方(田村裕)は、SF大作を書いたウソの作家。僕の本業は漫才師です」と前置きした上で、劇中で“相方”として共演する俳優・脇知弘との新コンビ結成を示唆。「正直、脇君の方がテンポ良くやりやすい。結成して『M-1グランプリ』に出場したら話題になればいい」と語った。

この記事の画像

  • NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』の会見に出席した麒麟・川島明 (C)ORICON DD inc. 
  • NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』の会見に出席した麒麟・川島明 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索