ドラマ&映画 カテゴリ

大竹しのぶ、娘・IMALUとの共演は「まだ全然」

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の大竹しのぶが6日、歌舞伎俳優・中村勘三郎と32年ぶりに共演する舞台『桜姫―現代劇―』(東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)の公開稽古前に報道陣のインタビューに応じた。話題が芸能活動を始めた大竹の娘・IMALUに及ぶと、将来の母娘舞台共演について「できたらいいですけど、まだ全然」と実感がわかない様子だった。

 同所で1994年にスタートした『コクーン歌舞伎』が15年目を迎え、通算10回目で初めて現代劇として上演される同舞台は、時と場所が定まらない世界で1人の女に導かれるように堕ちていく2人の男の運命の変転を描く。劇中で普段から親交のある中村とラブシーンに臨む大竹は「稽古に入る前は恥ずかしかったけど、入ったら全然何とも思わないです」とあっけらかんと語った。

 愛娘より若い16歳の少女から成長していく役を演じる大竹は「『16歳です』って言ったら古田(新太)さんが『はぁ?』って感じになってた」と笑わせながらも、IMALUに対し自身よりも「古田さんといつか芝居ができるように」と期待を込めた。ご指名を受け古田は「好みなんで全然大丈夫です」と違った(?)方向で快諾し、笑いを誘っていた。

 舞台『桜姫―現代劇―』は7日(日)より30日(火)まで同所にて上演。7月にはそのままの脚本による歌舞伎も上演される。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 舞台『桜姫−現代劇』公開舞台稽古を行った大竹しのぶ (C)ORICON DD inc. 
  • (上段左から)笹野高史、白井晃、古田新太(下段左から)大竹しのぶ、串田和美、中村勘三郎 (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台の模様 
  • 舞台の模様 
  • 舞台の模様 
  • 中村勘三郎 (C)ORICON DD inc. 
  • (上段左から)笹野高史、白井晃、古田新太(下段左から)大竹しのぶ、串田和美、中村勘三郎 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索