• ホーム
  • 映画
  • 『相棒』から早くもスピンオフ映画が決定! 主役は鑑識・米沢守

『相棒』から早くもスピンオフ映画が決定! 主役は鑑識・米沢守

■その他の写真はこちら

 興収43.7億円を突破し、現在、本年度邦画No.1ヒットである『相棒−劇場版−』のスピンオフ映画の公開が早くも決定した。同シリーズ初となるこのスピンオフ映画の主人公は、杉下右京(水谷豊)、亀山薫(寺脇康文)に次ぐ人気キャラクターの鑑識課・米沢守(六角精児)。主演に抜擢された六角は「僕が最初に『相棒』に出演した時は、短いセリフが2つだけでした。それが、鑑識・米沢として映画になる…。こんな夢のような機会をいただけた事に大変感謝しています」と喜びをあらわにしている。

 “相棒”ブームが日本中を席巻するなか、いよいよスピンオフ映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』が動き出す。今回の主役は、同シリーズのなかでもコアな人気を得ていた警視庁鑑識課の米沢守(六角精児)。原作となるスピンオフ小説『鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』が4月に発刊され好評を博し、満を持しての映画化となった。

 主人公・杉下を演じる水谷は「劇場版、そしてスピンオフと、また新たに相棒ワールドが広がることに興奮を覚えています。『相棒』の愛すべきキャラクターがひとり立ちしていくのは、幸せなことです」。また、その“相棒”である亀山役の寺脇も「えー、せっかくなんで調子に乗らせていただきます。鑑識・米沢の魅力をバックアップさせていただきます」と、『相棒−劇場版−』に続くヒットへ向けてのサポートを約束した。

 物語は、『相棒−劇場版−』で爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソンから始まる。米沢はマラソン参加者のなかに、自身の“逃げた女房”を見つけ後を追うが、その女性は死体で発見される。その後、女性は女房とはうりふたつの別人で千束署の刑事・相原誠(萩原聖人)の元妻とわかるが、その死には不審な点があり、米沢と相原は協力して調査を行う。この『新相棒コンビ』は鑑識技術と熱い魂を武器に真相にたどり着けるか!? 今回も謎が謎を呼ぶ、手に汗握るストーリーが展開される。

 テレビ版『あぶない刑事』シリーズ(1986〜89年・日本テレビ系)のメイン監督を務め、映画『化石の荒野』(82年)、『あぶない刑事』(87年)などの作品で知られる長谷部安春がメガホンを取る。7月3日よりクランクインし、8月初旬にクランクアップ、完成は11月下旬の予定。2009年春に全国公開される。





『相棒−劇場版−』、ロングラン公開が決定


関連写真

  • 鑑識の米沢守(六角精児)/『相棒−劇場版−』の場面写真 
  • 米沢守を演じる六角精児 
  • 相原誠を演じる萩原聖人 
  • 原作『鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房〜』 

オリコントピックス