ドラマ&映画 カテゴリ

アナウンサーとして2009年にTBSに入社、退社後はフリーアナウンサー、モデルとして女性誌で幅広く活躍し、女優としても特異な存在感を発揮してきた田中みな実(34)が、映画初主演を飾ることが明らかになった。おかざき真里原作の『ずっと独身でいるつもり?』(11月19日公開)で、やりがいある仕事や好きなものに囲まれる暮らしに充足感を得ながらも、周囲の雑音に傷つき、苦しみ、揺れる30代の独身女性を等身大で演じる。「自身も30代半ばに差し掛かり、このタイミングでお話をいただけたことに大きな意味を感じました」と、話している。 初の写真集「Sincerely yours...」は60万部を超え宝島社の写真集の歴代1位を記録するなど多方面で活躍している田中。女優としても、昨年、放送されたドラマ『M 愛すべき人がいて』での怪演ぶりが話題となったほか、『絶対正義』『生きるとか死ぬとか父親とか』など、テイストの異なる作品において女性の本音をリアルに、しなやかに表現してきた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索