ドラマ&映画 カテゴリ

役者がスポンサーに配慮…倫理観重視のモノづくりに違和感

■「Film makers(映画と人 これまで、そして、これから)」第39回 遊川和彦監督

 『女王の教室』や『家政婦のミタ』、『純と愛』など数々の話題作・問題作を世に送り出してきた脚本家・遊川和彦氏が、オリジナル脚本を書き下ろし、自ら監督を務めた映画『弥生、三月−君を愛した30年−』。本作を通して、遊川監督が抱く映像界への思いや、問題点などを語ってもらった。

【写真】その他の写真を見る


波瑠成田凌をキャスティングした理由

 遊川監督にとって『恋妻家宮本』に続く映画監督作品となる本作は、以前から熱望していたオリジナル脚本での映画化。配給元となった東宝からも「ぜひオリジナルで」という話をもらっていたという遊川監督は、2017年に公開された映画『恋妻家宮本』が完成した直後から構想を練り、学生時代に運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)の30年間を、三月に起きた出来事だけで綴るラブストーリーを作り上げた。

 メイン二人のキャスティングについて、最初は難航したという。というのも10代から40代までの人生を描くため、構想段階では30代の人に演じてもらう方がいいと思っていたというが、そうなると30代の人に10代を演じてもらわなければならないということでハードルが高くなった。

 しかし、30代の芝居があまりないことに気づき方向転換。「これは朝ドラ方式で、若い子がだんだん年をとっていく方がいいと考えたんです。女子高生も無理なく演じられて、等身大の20代もしっかり芝居ができる人。そう考えたとき、波瑠ちゃんがいいと思ったんです」。

 遊川監督のオファーに、波瑠は弥生という女性の純粋さはハードルが高いと思い「断ろうと思った」とイベントで話していたが、監督の作品にかける熱意に気持ちが変わりタッグを組んだ。そこから太郎役のキャスティングに入ったという。「僕は『俺格好いいですよ、俺』という感じの人があまり好きじゃないんです」と遊川監督は笑うと「成田くんの情けない芝居が結構好きで、会いましょうという話になったんです。実際話をしていると、すごく面白い男だったので、彼がいいということになりました」。

 さらに弥生の親友として登場するサクラにも強い思いがあった。遊川監督が脚本と一部の話で演出を担当した『ハケン占い師アタル』で主演を務めた杉咲花にオファーを出した。「出番は少ないのだけれど、出てくれないかとお願いしたら、快諾してくれた。彼女がサクラを演じてくれたことで、作品により深みが出るなと確信できました」。

■否定することが蔓延している世の中だからこそ、人を幸せにするモノづくりをしたい

 さらに、黒木瞳小澤征悦など遊川作品常連の俳優たちも作品を彩ったが、監督は一緒に仕事をする人間には、共通の思いを持つ人を求めている。それは、人を幸せにするためにモノづくりをしたいということに賛同できる人。

 「なんのために作品を作るのか。それは人を楽しませたい、人を幸せにしたいから。エンターテインメントというのはそういうものだと思うんです。なかには自分のためだけに仕事をしている人もいる。僕はそういう人は嫌なんです。とにかくお客さんが一番面白いと思えるものはなにか――ということを考えられる人がいい。その意味で、黒木さんは自身で監督をやられていましたし、小澤くんもきっと将来監督をやると思う。成田くんにもそういう作り手の感覚が備わっている。波瑠ちゃんもすごくクレバーな子なので、役者が面白いと思うことよりも作品のことをしっかりと考えられる人だなと感じました」。

 「人を幸せにする」という意味では、ドラスティックな設定や展開がありつつ、遊川監督の作品には「人間愛」という共通点が感じられる。この点について「僕は人間が大好きなので」と笑う。

 続けて「特にいまは否定することの力が強いですよね。その方が楽だし、排除してしまう方が自分も傷つかない。そういう風潮に対して焦りがあるのかもしれません。もちろん、人間のダメさもしっかり描きますが、良さも提示する。そのなかで観ている人が、人間の持つ善の力を信じて、自ら選択していってくれたなら人は幸せになれるかもしれないじゃないですか」と持論を展開する。

■なにがあっても最後は脚本に立ち戻る

 監督と脚本家、作品に取り組むうえで、どちらの配分が大きいのだろうか。

 「今回の場合、とにかく大変な設定にしてしまったなと思いました。10代から40代まで一人の人物を描くわけで、まず波瑠ちゃんの衣装合わせで12時間ぐらいかかった。あとは東日本大震災のことも描くので、生半可な気持ちではやれないなとも思いました。これまでもいろいろな監督から、僕の脚本を演出するのは辛いという話を聞いていたのですが、今回自分で演出をしてみて、その言葉が身に沁みました」。

 自らの書いた脚本によって、監督として苦しめられる。脚本を演出しやすいように変えるという選択肢もあるが、遊川監督は「キャストの方たちは脚本に惹かれて出演してくれていると思っているので、苦しみながらも、やっぱり最後は脚本に立ち戻るべきだと思うんです」と監督として苦しむことを選んだ。

 「脚本を書いた人間が作品のことを一番分かっているはずだ」という思いで現場に入るが、いざ撮影が始まると辻褄が合わなくなることもある。そこで「無理だから削ろう」と1行、2行脚本を削るだけで伝わらなくなってしまう。だからこそ「脚本からは逃げない」という強い意志が必要だという。

 しかし、監督自らが苦しみながら作品と向き合うことで、ほかのスタッフやキャストがついてきてくれるという。「ある意味で監督というのは現場で絶対的な存在なのかもしれませんが、絶対に正しいわけではない。なかなか監督に意見を言う人はいないかもしれないけれど、僕は『間違っている』と思ったら言って欲しい。それは俳優も同じ。ただイエスマンでは面白くないし、なにもない人はつまらないですよね」。

■倫理観を押し付けてくる風潮には辟易とする

 近年のコンプライアンス重視のモノづくりにも違和感があるという。

 「時代はコンプライアンスですよね(笑)。でも倫理観でモノを言われるのが一番困る。例えば、『携帯電話投げちゃまずいですよね』とか『公共マナーを守っていない芝居をするのはどうなんでしょう。スポンサー的に大丈夫ですか』なんて言う役者もいるんです。確かに良いイメージではないかもしれませんが、なにか抑えきれない感情からそういうことをしてしまう芝居なわけで……。スポンサーサイドの人が言うならまだしも、役者がそういうことに敏感になっていたりするんです。矢面に立たされるは役者さんたちなので、分かる部分もありますが、窮屈な世の中ですよね」。

 一方で、こうした状況のなか、どこまで面白おかしく表現できるかということに挑戦することも、モノづくりの一つの魅力であるという。だからこそ、企画の段階からしっかりと“作り上げる”オリジナル作品というものが重要になってくる。

 東宝が配給する本作もそうだが、東映は三池崇史監督で『初恋』というオリジナル作品を、ワーナー・ブラザース映画も入江悠監督でオリジナルSF作品『AI崩壊』など、大手配給会社もオリジナルで勝負する作品が増えているように感じる。

 遊川監督は「あまりオリジナルで勝負しようという気概がある感じはしないですけれどね」と語るが「原作があるとどうしても、『原作がこういうセリフだから』と言い訳ができるし、甘えてしまう。でもそんな作品が大ヒットしてしまうという事実もある」と現状を指摘する。

「逆にこれからは、もっと二極化が進むかもしれません。お客さんが入るからと、原作があるキラキラ系の映画を作っていく人たちと、苦戦するかもしれませんが、オリジナルでチャレンジしよういう人たち。僕は後者でいたい。そして夢を持って仕事をしている姿を見せていきたい。そうしないとこの業界に来たい思う人もどんどん減ってしまうと思うんです」と今後の映像業界に警鐘を鳴らしていた。(取材・文:磯部正和)

関連写真

  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』メインカット (C)2020「弥生、三月」製作委員会
  • 遊川和彦監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』場面カット (C)2020「弥生、三月」製作委員会
  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』場面カット (C)2020「弥生、三月」製作委員会
  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』場面カット (C)2020「弥生、三月」製作委員会
  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』場面カット (C)2020「弥生、三月」製作委員会
  • 映画『弥生、三月 −君を愛した30年−』場面カット (C)2020「弥生、三月」製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索