ドラマ&映画 カテゴリ

“かわいすぎる美少年モデル”ゆうたろう、月9初出演「最後まで頑張りたい」

 “かわいすぎる”と話題のゆうたろうが、俳優のディーン・フジオカの主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『シャーロック』(10月7日スタート※初回30分拡大)に出演することが決定。月9初出演となるゆうたろうは「初めてお話をいただいた時は正直僕で良いのかと不安はありました。でも僕が演じるレオくんはかわいい顔して生意気だったり、自分のペースを絶対に崩さない子で、客観的に見た自分を演じているみたいで今は楽しみながら撮影しています」とコメントを寄せている。

【写真】その他の写真を見る


 名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和の東京を舞台に映像化。“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄(ほまれ・ししお)役にはディーンが、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)役には岩田剛典が、“レストレード警部”役にあたる江藤礼二(えとう・れいじ)警部役には佐々木蔵之介が務める。

 ゆうたろうが今作で演じるのは、レオという名の謎多き情報屋の少年。原作に登場する、情報屋として生計を立てるストリートチルドレンがモデルになっている。過去にディーン演じる誉獅子雄に拾われて以来、獅子雄の指示で犯人とおぼしき人物を尾行し、有益な情報をつかんで報酬をもらっているレオは、弱冠16歳でありながら年上の獅子雄に生意気な口をきくこともしばしば。

 しかし、その優秀なリサーチ力を武器に対等な関係を築いている。そんなレオにとって、必需品アイテムはスケートボード。移動手段は基本的にスケートボードなのだが、全くの未経験者だったゆうたろうは「最初はちんぷんかんぷんで…」とかなり苦戦したという。猛特訓の成果もあり、今ではかなりレベルアップしたと自信をみせる。

 普段は生意気な態度で口調も荒いレオだが、スケボーに乗っているときの動きはとてもしなやかで美しくあるキャラクター。レギュラーキャストの中で最年少のゆうたろうが、ディーンをはじめ年上キャストの中でどのような立ち位置で存在感を見せてくれるのか、注目したい。

 太田大プロデューサーは「レオのモデルである原作のストリートチルドレンは、シャーロックが“警察1ダースよりも彼ら1人の方が有能だ”と評価する裏街道の若者たちです。浮世離れしていたシャーロックが、彼らにどこかしらシンパシーを感じていたのではないかと思い、その精神を受け継ぎ、レオも、有能かつファンタジックな存在になっています」と紹介。

 「獅子雄とどう知り合ったのかなどは謎に包まれており、風貌は中性的で、生活感を想像しにくいキャラクターです。それを体現できる方として、ユニセックスな雰囲気で、かつ、ファッショニスタとしても個性的な才能を持っているゆうたろうさんがぴったりだと思い、お願いしました。このドラマのおしゃれ番長として、小悪魔的な魅力を発揮してくれることを楽しみにしています」と期待を寄せている。

 ゆうたろうは、透明感のある中性的な顔立ちと独自の思考やファッションスタイルが話題を集め、“かわいすぎる美少年モデル”として2016年にデビュー。古着屋でショップ店員として働きながら、17年からは俳優としても活動をはじめ、映画『3D彼女 リアルガール』(2018年)、ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(2019年、MBS・TBS系)、 松居大悟作・演出舞台『みみばしる』(2019年)などに出演するなど、今後も幅広い活躍が期待される。

■ゆうたろうインタビュー「僕らしく最後まで頑張りたい」

――月9初出演について
「初めてお話をいただいた時は正直僕で良いのかと不安はありました。でも僕が演じるレオくんはかわいい顔して生意気だったり、自分のペースを絶対に崩さない子で、客観的に見た自分を演じているみたいで今は楽しみながら撮影しています。豪華なキャストの皆さんの中で色々と学びながら僕らしく最後まで頑張りたいと思いますので、是非ご覧いただけるとうれしいです!」

――レオの役柄について
「レオは16歳の男の子なのに、年上の獅子雄に生意気な態度を取ったり口調もすごく荒かったりするんですけど、スケボーに乗っているときの動きはとてもしなやかで美しくある人。そういう、キレイなところとそうでないところのバランスを、監督と相談しながら作っています。そして、ディーンさん演じる獅子雄さんとの距離感の詰め方も日々探っています。二人とも見た目も性格も全然違いますが、そんな二人がタメ口で話したり、年下なのに獅子雄さんがレオを頼ってくれたりするところとか、アンバランスな関係性が表現できたらいいなって思っています」

――ディーン・フジオカについて
「ディーンさんとは今回が“初めまして”です。第一印象は“おっきい人だな”って。背丈ももちろんなんですが、後ろ姿にオーラがあって。はじめは緊張していたんですけど、ディーンさんのほうから優しく話しかけてくれて緊張もすぐに解けました。そしてとにかくカッコイイんです!(笑)ふとした表情でも絵になる方だなっていつも思っています。そして、ディーンさんは自分の意見を持っている方。誰も気を使わないで我慢しない良い空気感を作ってくださるので、ありがたい環境でお芝居させていただいています」

――ファッションについて
「情報屋なので、変装するシーンが意外と多いんです。毎話、全然違う髪型になったり髪の色も変わったり。そういうところも楽しんで見てほしいです。そして、服装もカラフルなものだったり、古着を着たりもします。服は大好きで自分の軸としている部分。監督と打ち合わせしているときに、“私服でいいよ”って言ってくださって、実は私服も何着か貸しだししているんです。僕の私服を見たことがある人は“あれ?これって”って気付く人もいるんじゃないかな(笑)」

――視聴者の皆さんへメッセージ
「こんなに“面白い!”って思える作品に出会えて本当に幸せです。そして、台本を読んだときに僕が感じたワクワクとドキドキを視聴者の皆さんにも感じていただきたいです。そして、ちょこちょこ出てくるレオくんのかわいらしい一面や、獅子雄さんとの楽しい掛け合いで、ほんわかしてもらえたらうれしいですね」

関連写真

  • 『シャーロック』に出演するゆうたろう(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』で共演する(左から)ゆうたろう、ディーンフジオカ(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』に出演するゆうたろう(C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索