ドラマ&映画 カテゴリ

勝村政信主演『ドクターX』スピンオフドラマに片岡愛之助出演

 米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の登場人物の一人、勝村政信演じる外科医・加地秀樹が主役のスピンオフドラマ『ドクターY 外科医・加地秀樹』が、10月6日(後9:00)に初の地上波2時間スペシャルで放送される。群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む『ドクターY』も実は、今回が第4シリーズ。加地の知られざる過去にスポットを当て、とある秘密を握るスゴ腕脳外科医役で片岡愛之助が初出演する。

 愛之助が演じるのは、元脳外科医の木田光彦。「脳外の魔術師」と呼ばれるほど腕がよく、加地とは「帝都医科大学附属前橋第27分院」で同僚医師として働いていた人物。しかし、現在はある事情から医師を辞めており…。7年前の手術を巡り、とんでもない危機に直面した加地は、当時の手術を“再検討”するため、木田に連絡を取ろうと試みる。実は木田は、加地に関する“ある秘密”を握っており、その秘密が加地の運命を大きく左右することになる…。

 今回、本格的な外科医役に初挑戦した片岡は「また新たな役どころをいただいたことに胸を躍らせています」と話す。加地を演じる勝村とは初共演ではないが、ここまでしっかりと一緒にお芝居をするのは初めてで、「画面から感じるお人柄通りの、優しくてユーモアに富んだ方」と勝村の印象を語り、「勝村さんのおかげで撮影現場も和やかなものでした」と、その雰囲気を絶賛した。

 一方の勝村も、片岡について「本当にいろいろ力を貸していただきました。周りのスタッフや僕にまで気を使ってくださって…とても心強い存在でした」と、感謝。「愛之助さんはそんなに手術シーンをやったことがないとおっしゃっていたので、手術シーンは注目ですよ。何しろ目ヂカラがすごいですからね(笑)」と、意外な見どころを明かしていた。

 シリーズを通して初となる地上波2時間枠での放送に主演の勝村は「特にこれと言って心境の変化はないですが、今まで通り、背伸びしすぎず、驕り高ぶらず、かといって真面目にもなりすぎないように…。これまでの『ドクターY』のテイストもしっかりと反映させつつ、2時間のドラマを成立させたい」と、意気込んでいた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索