ドラマ&映画 カテゴリ

『天気の子』V2 『アルキメデスの大戦』初登場3位

 7月27日・28日の土日2日間の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、新海誠監督の『天気の子』が、初登場から2週連続1位を獲得した。土日2日間で動員70万4000人、興収10億1200万円。累計では動員287万人、興収39億円を突破している。

【写真】その他の写真を見る


 2位はディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』で、土日2日間で動員45万6000人、興収6億2800万円。27日には公開16日目にして累計興収50億円を超え、ディズニー、ピクサーのアニメーション全タイトル中、史上最短となる記録を打ち立てた。28日までの累計では、動員415万人、興収55億円を突破している。

 3位には、菅田将暉主演の『アルキメデスの大戦』が初登場。土日2日間で動員20万2000人、興収2億6500万円。26日からの3日間の累計では動員26万6000人、興収3億4600万円をあげた。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、三田紀房氏の同名漫画を『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』など多くのヒット作を手掛けてきた山崎貴監督が実写映画化。主人公の稀代の天才数学者・櫂直を演じた菅田のほか、柄本佑浜辺美波舘ひろし笑福亭鶴瓶小林克也らが出演している。

 テレビ朝日系で放送中の平成仮面ライダーシリーズ20作目『仮面ライダージオウ』と、スーパー戦隊シリーズ43作目『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の劇場版2本立て『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』は、土日2日間で動員19万4000人、興収2億4600万円をあげ、4位に初登場した。

 5位は、『ミニオンズ』『SING シング』のイルミネーション・エンターテインメントによる大ヒットアニメ『ペット』の第2弾『ペット2』がランクインし、土日2日間で動員17万5000人、興収2億2300万円。

 既存作品では、6位の『アラジン』が累計で興収109億円を、7位の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が17億円を、8位の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』28億円を、10位の『Diner ダイナー』が10億円をそれぞれ突破した。

関連写真

  • 菅田将暉主演、山崎貴監督の『アルキメデスの大戦』は3位初登場(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会(C)三田紀房/講談社
  • 初登場から2週連続1位と好調な新海誠監督最新作『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『トイ・ストーリー4』16日で50億円突破(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』も好発進 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス

メニューを閉じる