• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 溝端淳平『仮面同窓会』クランクアップに感慨「とても充実していました」

溝端淳平『仮面同窓会』クランクアップに感慨「とても充実していました」

 俳優・溝端淳平が主演中の東海テレビ・フジ系オトナの土ドラ 『仮面同窓会』(毎週土曜 後11:40)をクランクアップさせた。ほんの出来心で起こしたイタズラによって不可解な殺人事件に巻き込まれていく主人公・洋輔を演じきった溝端は「僕にとっては今までにあまり経験したことのない作品性と役柄だったので、とても楽しく演じることが出来ました。毎回掘り下げる要素や、新しい発見もあり、自分でも毎日役と向き合いながら演じることができたのでとても充実していました」と感慨深げに振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 また、共演の瀧本美織については「本当に太陽のような方。現場でも女神のような存在でした。役を全て心で感じてお芝居をされる方なので、僕もいろいろと気づきをもらうことが出来ました。僕の芝居を受け止めてしっかりと返してくださる瀧本さんだったからこそ、さらに(僕の芝居が)膨らんでいくことが出来たのだと思います」と信頼を寄せる。

 そんな瀧本も「私はありがたくも溝端さんに突っ込まれてばかりで、漫才のようだとみんなに言われていました(笑)」とすっかり関係性が出来上がっているよう。「溝端さんは率先して現場を盛り上げてくださっていたので、そこはやっぱり頼もしい座長で、いつも元気にみんなを引っ張ってくださるすてきな方でした」と尊敬の眼差しを向けた。

 また、洋輔の同級生で同じく事件に関わっていくことになる和康役の木村了、希一役の佐野岳、八真人役の廣瀬智紀も無事、撮影が終了。殺伐とした物語だが、現場は和やかだったようで、佐野は“座長”溝端について「『岳、やりづらいことはないか?』など、いろいろと気遣ってくださりいつも明るくみんなを引っ張っていて見習う事が多かったです」と目からうろこ。

 久々の共演となる木村も「淳平はいい意味で変わってないと思いました。明るくてお話好きで、それがうれしかったです。人と壁がなく接することができるのが彼のいいところで、そういう部分は前よりももっと良くなっていたと思うぐらいでした」とより仲を深めたよう。廣瀬も「いつも明るくて、若干緩んだ空気の時は締め直してくれたりと、さすがだなと思いました。学ばせていただくこともたくさんあり、素晴らしい座長だったと思います」と讃えた。

 第7話は13日放送。

関連写真

  • オトナの土ドラ 『仮面同窓会』をクランクアップさせた溝端淳平 (C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ 『仮面同窓会』をクランクアップさせた溝端淳平と瀧本美織(C)東海テレビ
  • オトナの土ドラ 『仮面同窓会』をクランクアップさせた木村了、廣瀬智紀、佐野岳(C)東海テレビ

オリコントピックス