• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • Hey! Say! JUMP知念、主演ドラマ撮了 主人公の生き様に刺激「僕自身も心が動きました」

Hey! Say! JUMP知念、主演ドラマ撮了 主人公の生き様に刺激「僕自身も心が動きました」

 人気グループ・Hey! Say! JUMP知念侑李が、日本テレビで放送中の主演ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』(毎週月曜 深夜0:59 を共演の若月佑美とともにクランクアップした。なぜか“サバゲー”シーンで撮影終了となった知念からコメントが到着。これまで戦わずして“アホ”を攻略してきた主人公・谷村小太郎を演じきり「ひとりの濃い人生を体験できましたし、やりたい事を自分でやっていく小太郎を演じてみて、僕自身も心が動きました」と刺激を受けていた。

【写真】その他の写真を見る


 さらに、知念は「もしかしたら、アイドルをやめて、寿司職人になっているかも!?(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントしつつ「小太郎と同じように、寿司職人をやってみたら『自分の好きな事、やりたい事はやっぱりアイドルなんだ!』と改めて思うかもしれないですね。僕もこの先の人生を小太郎のように楽しんでいきたいと思いました」と感慨深げに語った。

 これまでの撮影期間を経て「1ヶ月程でしたが、1話から振り返ってみると、とても懐かしいですね。あの時はめちゃくちゃ緊張していました。久々の連ドラで不安もありましたが、毎日楽しくて。気づいたらあっという間にクランクアップを迎えてしまいました」と充実の表情。「天候の関係で撮影が1日延びたのですが、それもあと1日増えると思ったらうれしかったですね」と名残惜しそうだった。

 17日放送の第9話は、ときは流れ5年後。「オフィスミニ」は順調に成長し、小太郎は立派な社長へと成長していた。しかし、打倒・延暦寺(佐藤隆太)に燃える小太郎に、由里(若月)はヤキモキしていた。結婚はおろか、お付き合いもないまま、いたずらに月日だけが流れ…27歳となった由里。このまま片思いを続けるのか? 女の決断が迫っていた…。

 そして谷村小太郎、史上最大のピンチ!? 新たなおもちゃ開発のため仕事の交渉に行った相手・天才物理学者のセイジ・イグチ(プラズマ)はとにかく話の噛み合わない“宇宙人アホ”だった。条件としてなぜかサバイバルゲーム対決を求められた小太郎は、大苦戦することに。果たして小太郎はこのピンチをどう切り抜けるのか…。ネオ小太郎が、ついに覚醒する!?

 知念いわく「サバイバルゲームは、実は10代の頃からやっていました。その経験が生かされているかは分かりませんが(笑)。僕がサバイバルゲームをやる時は軽い装備で、飛んだり跳ねたり身軽に戦うタイプです!」とその身のこなしにも注目。「激しいアクションもあったので、撮影も楽しかったです。仕上がりを楽しみにしていてください!」と呼びかけた。

 一方、若月も「ありがちな言葉ですが、クランクアップまであっという間でした。まだ明日も撮影があるんじゃないかなという気がしています。それくらいとても楽しい時間でした」と手応え。

 「9話のサバイバルゲームシーンは、一番振り切ったお芝居になるので不安もありましたが、これまでの葛藤やその爆発が皆さんに伝わったらうれしいです。台本を読んだ時から、このシーンは由里ちゃんの勝負の場であり、私自身にとっても大きな経験の場になると思っていたので、ぜひ注目していただけたらと思います。激しい由里ちゃんも楽しみにしていてください」と自身のみどころをアピールし、どんなに大変な時でも、明日も頑張ろう!と思えるドラマなので、最後まで気軽に楽しんでください」と作品の魅了を伝えている。

関連写真

  • ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』 サバイバルシーンでクランクアップを迎えた(左から)知念侑李、若月佑美(C)日本テレビ
  • ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』に出演する若月佑美(C)日本テレビ
  • ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』に出演する若月佑美(C)日本テレビ
  • ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』に出演する若月佑美(C)日本テレビ
  • ドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』に出演する若月佑美(C)日本テレビ

オリコントピックス