ドラマ&映画 カテゴリ

涙なしには観られない『なつぞら』 序盤で描かれたシビアな現実と交錯する「事情」

4月1日にスタートした、広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説第100作目『なつぞら』。ヒロイン・なつ(粟野咲莉)は、父親が戦死し、母親が空襲で亡くなった後、兄と妹と別れ、父親の戦友・柴田剛男(藤木直人)に引き取られて、北海道にやってくる。子役時代の2週間は、ネット上で「おんじ」と呼ばれる、草刈正雄演じる柴田家の厳しくもあたたかい祖父・泰樹に泣かされる展開が続いた。視聴率も評判も上々で、もっと長く観ていたいほどのクオリティだった。

■「子どもら...

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索