ドラマ&映画 カテゴリ

高視聴率の朝ドラ『なつぞら』、満足度も直近7作で最高の好発進【ドラマバリュー調査】

連続テレビ小説100作目の記念作となる、広瀬すず主演『なつぞら』(NHK総合/月〜土8:00)が序盤から好調だ。視聴率は、4月1日放送の第1話が平均22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、17年後期の『わろてんか』から4作連続の初回20%超えを記録。4月10日の第9話では平均23.1%をマークするなど、好調に推移している。一方で、同作に対する視聴者満足度も絶好調。週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』によるドラマ満足度調査「ドラマバリュー」では、第1週目の満足度が100ポイント満点中86Ptを記録。好発進を切った前作『まんぷく』(第1週の満足度は73Pt)を大きく上回り、同調査を本格的に開始した15年度後期『あさが来た』以降の直近7作の朝ドラのなかで、最高のスタートとなった。

◆朝ドラ...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインを演じる広瀬すず (撮影:鈴木一なり)
  • 直近7作のNHK連続テレビ小説作品、第1週目のドラマバリュー推移
  • 連続テレビ小説『なつぞら』の第1週目のドラマバリュー詳細

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年10月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月21日号

<COVER STORY>
安藤裕康氏(東京国際映画祭 チェアマン)
共同製作の時代における東京国際映画祭の役割
「映画というメデイアを通じて交流の輪を広げる」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート9月度
総売上202.5億円 前月に続き前年比マイナス

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索