アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 金子大地、谷原章介とドラマでキスしまくり「抵抗なくできた」

金子大地、谷原章介とドラマでキスしまくり「抵抗なくできた」

 俳優の金子大地が8日、都内で行われたNHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』第1話後試写会に出席した。主人公でゲイの高校生・安藤純を演じた金子は年の離れたパートナー・佐々木誠を演じた谷原章介と何度もキスシーンに挑戦。谷原いわく「こんなにたくさんキスをさせていただいた作品も女性相手含めて初めて」だそうで、金子は「緊張はすごいしていたんですけど1回、2回、3回、4回…とすんなりできた。抵抗なかったです」と谷原と微笑み合って信頼関係をのぞかせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を原作とした青春群像劇。ゲイである純にうっかり恋をしてしまった“腐女子”のクラスメイト・三浦紗枝を藤野涼子、純の幼なじみで同級生の高岡亮平を小越勇輝が演じている。

 明るくフレンドリーな亮平役の小越は「きっと純くん、金子大地くんの股間をこんなに揉んだのは僕だけ。今では普通に揉めるくらいの仲になりました」と自慢げに明かすと谷原は「キスはさせていただきましたけど股間は弄ることなく終わったのでジェラシーです」とニヤリ。

 クラスメイトの前とパートナーの前とで全く違う表情を魅せる純だが金子は「純という役はつねに誰かに壁をつくっている役。親友や三浦さんとも壁がある。でも誠さんに対しては、パートナーとして違う視え方ができたらいいなと」と意識したそう。

 純が恋人に魅せる顔を観た小越は「僕もジェラシーを感じました」といい、藤野も「純の学生生活しか観ていなかったので一番最初に観た時はそのシーンを一番最初観たとき、ジェラシーを感じましたし、今まで男子としてみてきたので『女の子の顔』というか新しい純くんが画面のなかにいて不思議な感覚でした。これが表の純くんだと思ったら不思議でショックな気持ちでした」と率直な思いを明かした。

 一方谷原は純の学生生活を観て「僕にはパートナーとして見せてくれているので優越感はあるはあるんですけど、なんで僕は同級生じゃないんだろう。同級生なら2人きりで階段に登ったり、特別な時間が持てるんだろうなと夢想しながら観ていました。ヤキモチを妬きましたね」と茶目っ気たっぷりに語った。

 ゲイでありながらも、「異性を愛し、子供を作って、家庭を築くこと」という“普通の幸せ”に強い憧れを抱く純。そんな純と向き合う三浦は、「ゲイ」「腐女子」という単純なラベリングに抗いながら関係性を築いていく。そしてそれは周囲の大人やクラスメイトの心にも影響を与え始め…純の愛聴するQUEENの名曲を背に丁寧に青春ストーリーが紡がれていく。

 清水拓哉制作統括は『QUEEN』や『BL』を扱った作品に「またNHKは流行っているものに乗っかったなと思われているようですが企画を始めたのは随分前。原作でQUEENがモチーフになっていて、『ボヘミアン・ラプソディー』より前」と苦笑交じりに説明。「『BL』や『QUEEN』に面白がって乗っかっているわけではなく、その世界観のすばらしさに制作陣やキャストのみなさんに入れ込んだから。原作の用意してくれた世界が素晴らしくそこにたどり着けてよかった」と手応えをみせながら、熱く訴えていた。

 20日より総合テレビにて毎週土曜午後11時30分より放送。全8回。

関連写真

  • (左から)小越勇輝、金子大地、藤野涼子、谷原章介 (C)ORICON NewS inc.
  • 主人公でゲイの高校生・安藤純を演じた金子大地 (C)ORICON NewS inc.
  • パートナー・佐々木誠を演じた谷原章介 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(濃く)る』の第1話後試写会に出席した小越勇輝 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(濃く)る』の第1話後試写会に出席した藤野涼子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019