アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 波瑠×鈴木京香の女刑事バディ、SPドラマで復活 “平成最後の未解決事件”に挑む

波瑠×鈴木京香の女刑事バディ、SPドラマで復活 “平成最後の未解決事件”に挑む

 女優の波瑠鈴木京香が、女刑事バディを演じるテレビ朝日系ドラマスペシャル『未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル〜』が、4月28日(後9:00〜11:05)に放送される。昨年4月期に放送されたドラマが一夜限りの復活。新元号の施行を目前に控え、“平成最後の未解決事件”に挑む。

 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するミステリー。

 「『未解決の女』は私の周りでも面白いと言ってくださる方が多く、続編があったらいいなという気持ちがすごくあったんです」と声を弾ませる波瑠。鈴木も「連続ドラマの終わり方を知ったときから、続編の予感がありました!」と笑顔を見せた。そんな2人を目撃したのは、京都・鴨川沿い。

 「今回のスペシャルは京都と東京を行き来する設定で、事件もよりダイナミックになっていますから、サスペンスが好きな方にとってはとても面白い作品になっていると思います」と鈴木。

 現代的な都市=「東京」で起こった過去の未解決事件と、風情あふれる古都=「京都」で起こる新たな事件を軸に据え、現場に残されたさまざまな品字様(=同じ文字が3つ連なる漢字)がカギとなる連続殺人事件に、朋と理沙は挑む。

 脚本を担当するのは、連続ドラマ版に引き続き、連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)などで知られるヒットメーカー・大森美香氏。今回のスペシャルでも、過去と現在の事件が巧妙に絡み合う秀逸なプロット、息遣いまで聞こえるような緻密なキャラクター描写で、視聴者を物語の世界へと引き込む。

 八坂や鴨川沿い、南禅寺など、東京とは趣の異なる京都各地でロケを敢行。波瑠は「ちなみに、京都でも矢代は、いつもの矢代です(笑)。実は撮影初日から、東京とは違う趣や風情のある街並みの中を突っ走りまして…。皆さんが着物を来て散歩するような道なのに、ガシャガシャと暴れさせていただき、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです(笑)。でも、そんな『未解決の女』だからこそ、京都ロケではコントラストが出て面白いのかな、とも思い、撮影を楽しんでいます」と、話していた。

 連ドラ版のレギュラー男性陣も再集結。朋&理沙が所属する第6係(文書解読係)に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じる沢村一樹。朋&理沙の仲間である第6係のメンバーを演じる草加慎司役の遠藤憲一&財津喜延役の高田純次

 「倉庫番」と揶揄される第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事を演じる川奈部孝史役の光石研&岡部守役の工藤阿須加らが、波瑠&鈴木を力強く支える。

関連写真

  • 波瑠×鈴木京香の女刑事バディが復活。テレビ朝日系ドラマスペシャル『未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル〜』(4月28日放送)(C)テレビ朝日
  • 今回は「京都」も舞台に加わり、“平成最後の未解決事件”に挑む(C)テレビ朝日
  • 捜査熱心な“お遍路刑事”草加(遠藤憲一)も健在(C)テレビ朝日

オリコントピックス