ドラマ&映画 カテゴリ

錦戸亮、月9クランクアップに笑顔「打ち上げで楽しいお酒が飲めたら」

 人気グループ・関ジャニ∞錦戸亮が18日放送のフジテレビ系連続ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(毎週月曜 後9:00※30分拡大)の最終回を前にクランクアップを迎えた。科捜研の法医研究員で主人公・真野礼二を演じた錦戸は「無事に全ての撮影が終わり、編集も滞りなく進んで、打ち上げで楽しいお酒が飲めたらいいなと思っています。その時はみなさん乾杯してください。おつかれさまでした!」と周囲のスタッフをねぎらった。

【写真】その他の写真を見る


 錦戸は、早朝の都内でクランクアップ。4ヶ月に及ぶ全ての撮影を終えると、「主演、真野礼二役、錦戸亮さん!オールアップです!」とスタッフが紹介。現場が大きな拍手と歓声に包まれると、錦戸は「おつかれさまでした! 去年11月下旬から始まった撮影ですが、この1週間はみなさん本当にきつかったと思います。やっと今日解放されます!」とハードな撮影を完走し、笑顔が弾けた。

 さらにこの日は、刑事・虎丸良平を熱演した船越英一郎も撮了。錦戸との共演シーンで撮影を終えた船越は、キャスト・スタッフを前に「本当にみなさん、おつかれさまでした!撮影が終わった今の感想は、うれしい!」と率直な感想を明かせば、現場は爆笑。「でもうれしい以上に、みなさんと別れるのが寂しい!これに尽きます。本当にそんな風に思わせてくれる現場を作ってくださったみなさんに、心から感謝しています。ありがとうございました!」と名残惜しさをのぞかせていた。

 ともに駆け抜けた船越や新木優子について錦戸は「船越さんは大ベテランで経験値が違いますから、現場での立ち振る舞いなども勉強になりました。新木さんはすごく素直でニコニコしているので、スタッフさんたちは癒されていたと思います」と改めて感謝。撮影のなかでも印象に残ったのは「クライマックスシーンを撮影した2日間ですね!体力的にも大変でしたが、とても緊迫したシーンだったので、いい緊張感の中で臨むことができました。でも僕よりもスタッフさんのほうがよっぽど疲れていたと思いますので、みなさんもゆっくり休んでいただきたいです」と気遣いもみせていた。

 最終話では、いよいよ真野が追いかけ続けていた「武蔵野一家殺人事件」の真相が明らかに。錦戸は「家族を殺害したのは誰なのかをずっと探し続けてきて、真野君なりの答えが出ると思います。しんどい事実かもしれませんが、みなさんも一緒に受け止めていただけるとうれしいです」とメッセージを送っている。

関連写真

  • 『トレース〜科捜研の男〜』をクランクアップさせた錦戸亮 (C)フジテレビ
  • トレース〜科捜研の男〜』をクランクアップさせた船越英一郎 (C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索