アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『カメ止め』上田慎一郎監督、最新作が今夏公開 映画のカギを握るのは“カメ”

『カメ止め』上田慎一郎監督、最新作が今夏公開 映画のカギを握るのは“カメ”

 動員数220万人以上、興行収入31億円を突破した映画『カメラを止めるな!』で長編作デビューを果たした上田慎一郎監督の最新作が、今夏に公開されることが明らかになった。タイトルは未定で、“三角関係”“復讐”“カメ”が映画のカギを握ることが明かされた。

 上田監督は、中学生のときから自主映画を撮り始め、その後も独学で映画を学び、2010年に映画製作団体『PANPOKOPINA(パンポコピーナ)』を結成。『カメ止め』は17年11月に都内で6日間限定で公開され、18年6月から2館で単独劇場公開を開始。口コミで人気が拡散されていくと、350館まで拡大。今月1日に行われた『第42回日本アカデミー賞』では最優秀編集賞のほか、優秀作品賞、優秀監督賞など計9部門で受賞を果たした。

 今作は、埼玉県川口市にある映像関連産業を核とした、次世代産業の導入・集積を測る施設の「彩の国ビジュアルプラザ」による支援を受け製作。スタッフ陣は、『カメ止め』で助監督を務めた中泉裕矢氏、スチールを担当した浅沼直也氏が監督と共同脚本を担い、“3人の監督”で作り上げる。

 撮影は昨年、9日間で終了し、現在ポストプロダクション中。『カメ止め』では、7年前に仲間たちと一緒に購入した「Mac Pro」1台で編集し、最優秀編集賞に輝いた。アカデミー賞では「編集というのは人なんだな。人の粘りとかひらめきなんだと信じられました」とスピーチした上田監督。3人体制の監督となり、どのような“ひらめき”が生まれる作品となるのか。新作へのヒントとして解禁されたのは“カメ”が写っている画像1枚。この写真にはどのような意味があるかは、今後、明かされていく。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019