ドラマ&映画 カテゴリ

志尊淳「24歳、頑張ります」 杉咲花ら『アタル』共演者が祝福

 俳優の志尊淳が3月5日、24歳の誕生日を迎えた。誕生日当日は、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』(毎週木曜 後9:00)の撮影があり、杉咲花を筆頭に小澤征悦志田未来間宮祥太朗野波麻帆板谷由夏及川光博らDチームのメンバー&スタッフは、志尊の誕生日を祝うべく水面下で準備。ロケ先で撮影が一段落ついたタイミングでサプライズは実行された。

 突然の「ハッピーバースデートゥーユー」の大合唱に驚いた志尊。さらに、志尊のイラストが描かれたチョコプレート付きの特製バースデーケーキが運び込まれると、「うわっ、すごい! おいしそう」とのぞき込み、何度も深々とお辞儀をして感激を表した。「今日は、本当は撮休のはずだったんですけど(笑)、こうやって皆さんに祝っていただけて、来た甲斐があったなぁと思っています。24歳、頑張ります!」と、照れ隠しのジョークを交えながらあいさつしていた。

 ドラマは、イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームで働き始めた派遣社員・的場中ことアタル(杉咲)が、“あらゆるものが見える特殊能力”を駆使し、悩み多き“働く人々”と会社を変えるお仕事コメディー。アタルに占ってもらったことで、それぞれ抱えていた問題や悩みが氷解し、一枚岩の団結力が生まれてきたDチームだったが…第8話では、なんだか怪しい雲行きに。

 再会した母・キズナ(若村麻由美)に対して「占い以外にも、この会社であたしにしかできないことがあると証明する」と宣言したアタルが、その気負いゆえに、図らずもDチームの足並みを乱すような言動を取ってしまう。品川(志尊)がアタルに対してついイラッとしてしまうなど、人間関係に予想外の陰りが見え始めるDチーム。そんな中、生まれて初めて働く人間の“壁”にぶつかったアタルを突如、Dチームの面々が占うと言い出す。これまで自分たちを救ってきてくれたアタルを、Dチームは救うことができるのか。待望のアタル回で、ドラマは佳境を迎える。

関連写真

  • 3月5日の24歳の誕生日を迎えた志尊淳(C)テレビ朝日
  • Dチームのメンバーが祝福(左から)野波麻帆、及川光博、間宮祥太朗、志尊淳、板谷由夏、杉咲花、小澤征悦、志田未来(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索