アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ひょっこりはん、彼女との結婚に足踏み「そろそろ怒られる…」

ひょっこりはん、彼女との結婚に足踏み「そろそろ怒られる…」

 お笑い芸人のひょっこりはん(31)が14日、都内で行われた高知県地産外商公社『高知家 おきゃくイベントin東京』に出席。現在交際中の彼女との結婚について「進めばいいですけど、いろいろ忙しくて、まだちょっと滞っている感じです」と足踏み状態であることを明かした。

 昨年8月に北方領土啓発イベントに登場した際には、結婚時期について「北方領土返還には勝ちたい」と意気込んでいたが、この日のイベントでは「一緒には住んでいるので、できたらしたいですね」とあまり進展はない様子。年内婚を期待されると「具体的なことに踏み込んでやっていないので(彼女から)そろそろ怒られるんじゃないかな」としながらも、バレンタインデーのチョコレートについては「きょうは忙しいようなので『チョコはまた暇な時に作ります』と言っていました」とノロケてみせた。

 そんなひょっこりはんに対して、タレントの島崎和歌子(45)から“愛のムチ”が。おなじみのタンクトップに「ひょっ“こうち”はん」との文字で登場したひょっこりはんに対して、島崎は「高知全く関係ないじゃん。ハハハ!」と笑いながらツッコミ。「高知にじわじわひょっこりしていっていますから」と何とか切り返すも「何、ちゃっかりじゃん」と返り討ちにあった。

 高知県の名物料理を試食する場面でも、島崎はキレキレで「せっかくのチャンスなんだから、もっと声張りなさいよ。ルミネ(theよしもと)もすぐそこでしょ」「迷い箸しない」「全然ひょっこりしてないじゃん」と一刀両断。ムチだけではなく「今年ひょっこりはんに会えてよかった。もう、会えないかと思った(笑)。絵本も売れているみたいだし」と“アメ”の部分も見せるなど、愛情たっぷりにひょっこりはんの魅力を引き出していた。

 あす15日まで、東京・サナギ新宿で行われる同イベントでは、高知県の“おきゃく(宴会)文化”をテーマに、高知の名物料理や地酒を提供。高知県内で毎年1回行われている「土佐のおきゃく」イベント同様、実際にこたつに入って、試食や試飲を楽しむことができる。



関連写真

  • 結婚に足踏み状態であることを明かしたひょっこりはん (C)ORICON NewS inc.
  • 『高知家 おきゃくイベントin東京』に出席した島崎和歌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『高知家 おきゃくイベントin東京』に出席した(左から)ひょっこりはん、島崎和歌子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス