アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞・錦戸亮“平成最後の月9”で決意表明「誰かにとっての『ロンバケ』になれば」

関ジャニ∞・錦戸亮“平成最後の月9”で決意表明「誰かにとっての『ロンバケ』になれば」

 人気グループ・関ジャニ∞錦戸亮新木優子船越英一郎が4日、都内で行われたフジテレビ系新“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(1月7日スタート、毎週月曜 後9:00)の制作発表会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 今作の舞台は、数々のドラマでも登場してきた科学捜査研究所(科捜研)。現場に残された痕跡(=トレース)はどんな“真実の欠片(かけら)”を示すのか。そこから導き出される“鑑定結果”とは…。錦戸演じる主人公科捜研法医研究員・真野礼二が「鑑定結果こそが真実」を信念に、新人法医研究員・沢口ノンナ(新木)、ベテラン刑事・虎丸良平(船越)の異色コンビと事件解決に奔走する。

 錦戸演じる真野は、他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着なキャラクター。「僕史上、一番クールな役」といい「カタカナのセリフばかり。今までのドラマに比べて、台本を見て調べることが多い」と苦労をにじませた。

 『科捜研の〜』といえば、沢口靖子主演の『科捜研の女』(テレビ朝日系)の印象が強い。錦戸も「最初は冗談なのかなと思った」そうで、「テレ朝で『8時だJ』を収録をした時に同窓会みたいに偉い人がたくさんいた。そこで『科捜研をやるんだって?』って聞かれて『すいません…』という気持ちになりました。フジテレビの人はそんなこと知らないだろうけど、僕がそんな目に遭ったことを知っておいてほしいです」と冗談を交えて笑わせていた。

 同ドラマが、平成のうちに最終回を迎える“最後の月9”となる。錦戸は「月9といえば、木村(拓哉)くんがやってた『ロンバケ』とかどんどん出てくる。次の年号になっても覚えてもらえるような、誰かにとっての『ロンバケ』になればいいな」と言葉に力を込めていた。

 また、昨年10月期の織田裕二の主演ドラマ『SUITS/スーツ』に続き“月9連投”となった新木は「錦戸さんは、寡黙なイメージだったけど、普段は関西弁で気さくに接してくれる”大阪のお兄ちゃん”みたいです。いい緊張感はあるけれど、お芝居がしやすくありがたいです」と印象を告白。照れ笑いを浮かべた錦戸は「褒められてるよね? ありがとうございます」と喜びながら返していた。

 “サスペンスの帝王”と称されるほど、数多くのドラマに出演してきた船越だが、意外にも同枠ドラマには初出演。「なかなか月9に崖が出てこないですからね…」と冗談を交えながら「とにかく華やかですね。セットも素晴らしい。どれだけお金が掛かってるんだ! というくらいです」と力の入れようを明かしていた。

 今作の主題歌は、関ジャニ∞の新曲「crystal」(3月6日発売)。ドライブ感あふれるデジタルロックサウンドに仕上がっており、グループとして進化を続ける新機軸的な楽曲となっている。



関連写真

  • “平成最後の月9”で決意表明した錦戸亮 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系新“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』制作発表会に出席した(左から)船越英一郎、錦戸亮、新木優子 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系新“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』制作発表会に出席した新木優子 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系新“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』制作発表会に出席した船越英一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系新“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』制作発表会に出席した(左から)船越英一郎、錦戸亮、新木優子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス